7月8日よりフジテレビの月9ドラマ『監察医 朝顔』で主演を務める上野樹里(33)。あの大ヒットドラマである『のだめカンタービレ』から13年経ったのちの月9復帰とあって、視聴者から大きな期待を寄せられている状態だ。

 そんな上野は、2016年にミュージシャンであるトライセラトップスのボーカル・和田唱と結婚。和田といえば母親は料理家の平野レミで、上野と平野は嫁姑関係ということになるが、仲良くやっていることを近々のインタビューで上野が明らかにし、話題となっている。

 上野は『週刊女性』2019年7月16日号(主婦と生活社)のインタビューにて新ドラマの意気込みについてトーク。その際、平野から伝授されたレシピでよく料理をしていることや、平野が風邪を引いた時にはお手製の薬膳漢方スープを作って駆けつけていることなどを明かしていた。

 この記事を受け、ネットでは「あの姑とうまくやれるのはすごいわ」「優しいお嫁さんだね」と上野を賞賛する声がある一方、「レミさん大好きー! できない嫁でも『だいじょーぶ だいじょーぶ!』って何も気にしなさそう」「レミさん、最近ツイッターで二人の嫁がそれぞれ雑誌に出てるから見てねーってツイートしてて、嫁姑の仲いいんだなーって思ったよ」「平野レミは干渉して来なそうだから普通のお姑さんよりやりやすそう」「レミさんっていいお姑さんらしいよね。干渉しないけど息子夫婦(息子単品じゃないのがポイント)は大切に思ってるらしい」と平野の良き姑ぶりを賞賛する声が上がっていた。

 「レミさんといえば、次男の嫁である料理家の和田明日香さんと一緒にテレビに出演する時がありますが、その時も明日香さんの自由にやらせて自分はさほど前に出ないというスタンスでやっています」と語るのはテレビ局関係者。

上野樹里「平野レミと超仲良し」が話題……最高のマッチングの秘訣はのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!