14日、2022年に開催されるカタール・ワールドカップの2次予選、日本対キルギスの一戦が行われた。

 日本代表は2点をあげて勝利し、その快勝の立役者がFWの南野拓実。PKでの先制点をあげ、その後も攻撃を活性化させつづけるなど“MVP級”の活躍を見せた。しかし、この試合で南野が称賛を浴びたのはプレーだけではない。日本代表の新ユニフォーム姿が「かっこいい!」とルックス面でもファンを虜にしたのだ。

 南野はオーストリアリーグの強豪・ザルツブルクに所属する24歳。ユース時代から将来を嘱望されてきた天才は、セレッソ大阪でプロデビューを果たして以降、切れ味鋭いドリブルや常にゴールを意識したアグレッシブな攻撃スタイルを活かし活躍。なかでも得点力の高さは海外リーグでも遺憾なく発揮されており、現在ではビッグクラブへの移籍も期待されている日本の点取り屋だ。

 南野はこの日も好調ぶりをアピールし、ワールドカップ予選で開幕から4試合連続ゴールを記録。それでいながら「最低限の結果を出せたと思う。アウェイの難しい試合に勝利できてよかった」と諸手をあげて喜ぶことはなく、次の試合を見据える謙虚ぶりだ。

 試合中にはSNS上で日本代表に関するツイートが多数あがり、もちろん南野のプレーに対する称賛も続出。そんななか「やっぱ南野だとこのユニフォームもカッコ良く見える。」「今日わかったことはあのクソださユニフォームでもイケメンが着ればサマになるってこと 南野とか南野とか」という南野のユニフォーム姿を褒めるツイートも。この一戦で初お披露となった新ユニフォームは、いままでにない柄が“迷彩”に見えるとして賛否を呼んでいた。さすがはルックスもワールドクラスとして女性を虜にしている南野だ。

 南野は日本代表の勝利だけでなく、ユニフォームの魅力を最大限に引き出すファッションアイコンとしても活躍している。

サッカー南野拓実「イケメンすぎる」賛否ユニフォーム姿でもかっこいい!宣伝効果は絶大?のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!