左利きのエレン特別ストーリー!「新聞広告の⽇プロジェクト 朝⽇新聞社×左ききのエレンPowered by JINS」が始動の画像1

 株式会社朝日新聞社(以下朝日新聞社)は、話題沸騰中のWEB発マンガ「左ききのエレン」とコラボレーションし、「新聞広告の日プロジェクト 朝日新聞社×左ききのエレン Powered by JINS(以下、朝日新聞社×左ききのエレンPJT)」を、“新聞広告の日(1020日)” の前日となる1019日(土)より始動いたします。

「朝日新聞社×左ききのエレンPJT」は、新聞広告の価値向上を目的に、1020日(日)の朝日新聞内の見開き2ページ( 30段 )をすべて漫画で掲載し、漫画内に実際の企業を登場させるなど、新聞の常識にとらわれることなく、広告の新たな可能性を開拓するプロジェクトです。
 特設WEBページ:https://www.asahi.com/ads/hidari-kikino-eren/ 10 20 日(日)8:00 公開予定

POINT 1:コンテンツ配信サイト「cakes」から始まり、朝日新聞を核に Twitter へ繋がる、統合的なプロモーション設計

 まずは 10 19 日(土)に、「左ききのエレン」が連載されているコンテンツ配信サイト「cakes」にて、 広告主によるオリエンテーションの様子が漫画で公開されます。そして“新聞広告の日”となる翌 10 20 日 (日)には、オリエンテーションを受けた広告会社 2 社の企画案、及び企画会議の様子を、全国版朝刊内の見開き 2 ページすべてを使って描きます。

 また、2 社による企画案は、特設 WEB ページ、及び Twitter 上でも同日公開。読者による投票期間を経て、投票数の多かった企画案を、11 月中下旬に広告として全国版朝刊の新聞広告の 1 ページ全体(全 15 段)を使い実際に掲載します。
 WEB 媒体での掲載から始まり、メディアを変えながらストーリーが展開されるプロモーションに、ご期待ください。

POINT 2:実在する企業「JINS」と「TheBreakthroughCompany GO」が、ストーリー内に登場

 本プロジェクトでは、広告業界を舞台にクリエイターの葛藤を描く「左ききのエレン」のスピンオフ企画として、広告主によるオリエンテーションから広告掲載に至るまでのストーリーを、実在する企業を巻き込みながら、原作者・かっぴー氏が描き下ろします。

 広告主には、アイウエアブランド「JINS(ジンズ)」を運営する株式会社ジンズが登場。JINS が販売するレンズ「バイオレットプラス(*)」の広告企画を巡り、競合プレゼンが行われます。

 また、「左ききのエレン」の主人公である朝倉光一が在籍する「目黒広告社」との勝負に挑む広告会社には、ニュースになるプロモーションや、変化する時代における企業ブランディングを得意とする 「TheBreakthroughCompany GO(以下 GO)」が登場します。

 *:JINS が販売する機能性レンズの一種。眼に必要と言われるバイオレットライトを選択的に透過しながら、有害な紫外線やブルーライトはカットする独自設計のレンズ。

POINT 3:実際に新聞に掲載される広告は、読者による Twitter 投票で決定

 目黒広告社と GO 2社による企画案は特設 WEB ページ、及び Twitter 上でも公開。約 1 週間の読者投票期間を経て、より多くの票を獲得した企画を 11 月中下旬に全国版朝刊の新聞広告として掲載します。

左利きのエレン特別ストーリー!「新聞広告の⽇プロジェクト 朝⽇新聞社×左ききのエレンPowered by JINS」が始動のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!