安達祐実「異常写真集」娘にも飛び火? カメラマン夫の火がつきっぱなし!

編集部

安達祐実公式インスタグラムより

 14日に女優・安達祐実の新しい写真集『我我』(青幻舎)が発売された。撮影したのは夫でカメラマンの桑島智輝。収録されている写真は女優ではなく、妻であり母である“素の安達祐実”とのことで、結婚してから現在に至るまでに撮影されたおよそ35,000枚の中から選ばれた写真だという。

 世間の反応はというと、「夫婦でしか撮影できない生々しさがたまらない」「夫婦の営みを思わせる写真もあるし、見るのをはばかられる」「なんか行為の途中を見せられているようでちょっと……」などやや微妙なものが多い。生々しいからといって高評価ばかりとはいかないようだ。

「桑島智輝カメラマンは広告やグラビアなどで幅広く活躍しており、池田エライザや指原莉乃などの写真集を手がける人気カメラマンです。安達祐実とは写真集『私生活』(集英社)の撮影がきっかけで知り合ったそうで、二人は14年に結婚しました。

 安達によれば本当にいつでも何をしていても写真を撮るそうで、以前『アウトデラックス』(フジテレビ系)ではアンダーウエアが写っている写真、夫婦の営みの途中の写真も披露して話題になりました。放送できない写真もありかなり過激だったことが想像されます。今回のインタビューでは『写真を撮るとか、撮られるというのは、とてもセクシーな行為であり、愛情表現の一つ』という発言もありますので、営みの最中に写真撮影をすることも夫婦の間で愛情を深め合う定番の行為なのでしょうね」(グラビア誌ライター)

 プロなので作品作りに没頭するのは当たり前のこと。最愛の妻ともなれば、アノ時だって撮影したくなるのがカメラマン根性というものなのであろう。ただ、そこまで根性があると心配なことも生まれてくる。

「安達祐実と前夫・井戸田潤との間にできた娘さんが心配だという声も上がっています。もうお年頃ですので。両親が仲睦まじいのは素敵ですが、こういった行為に耽っているのは教育上よろしくないかもしれません。

 しかも問題はそればかりではなく、桑島氏のカメラマン根性が彼女に飛び火する可能性もあります。思春期の少女の体や心の変化というのは、格好の素材ですからね。むしろカメラマンならば撮りたくなってしかるべきことです」(同)

 家族仲は非常に良好で、桑島氏と娘さんとの関係も良いそうだ。他人事ながら、だからこそ少し心配してしまう面もあったりして。

安達祐実「異常写真集」娘にも飛び火? カメラマン夫の火がつきっぱなし!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!