不登校ゆたぼん騒動は終わってない! 登録10万人突破も「#9月1日解除祭」にパパ激怒

編集部

不登校ゆたぼん騒動は終わってない! 登録10万人突破も「#9月1日解除祭」にパパ激怒の画像1

 

 10歳の不登校YouTuber・ゆたぼん(中村逞珂)による「少年革命家ゆたぼんチャンネル」が登録者数10万人を突破。父親で自称心理カウンセラーの中村幸也氏は27日、自身のブログで「有り難い事に少年革命家ゆたぼんチャンネルのYouTubeチャンネル登録者数が10万人を突破しました。これからもゆたぼんは自分のやりたい事に全力で挑戦し、楽しみながら進んでいくと思います」と綴っている。

「取り上げるメディアもほとんどなくなり、世間的には“あの人は今”状態のゆたぼんですが、チャンネル登録者数は増加の一途を辿っている。23日、ゆたぼんが人差し指を立てながら『もうすぐ夏休みが終わるけど、これだけは言いたい。死んだらあかん!』と繰り返す動画を投稿すると、これが18万回再生を突破。ネットでの注目度は依然として高いようです」(記者)

 とはいえ、同動画「【生きろ!】夏休み明けても学校行くな!」は、高評価が1600、低評価が約1万8,000(28日現在)。以前と変わらずアンチが集まっていることがわかる。

 そんななか、父親の幸也氏は今月、自身のTwitterで「こんな事をして何が面白いんだろう?本当に残念な人たちだなと思う」「これが日本の学校教育を受けた人たちの成れの果てならマジで学校なんて行く必要ないと思うわ」などと憤慨。一体、何が起きているのだろうか?

「Twitterに『#ゆたぼんチャンネル登録解除祭』というハッシュタグが出回っているんです。9月1日になったら一斉に登録を解除してゆたぼんにダメージを与えようと呼びかけるもので、現在も拡散されている。ネット上では、ゆたぼんへの集団イジメだと批判する声も見受けられます」(同)

 相変わらずアンチにつきまとわれているゆたぼん。本人の将来より、今のメンタルが心配だ。

不登校ゆたぼん騒動は終わってない! 登録10万人突破も「#9月1日解除祭」にパパ激怒のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!