2日、アイドルグループ・NGT48の元メンバーの山口真帆が、「皆さん、写真集ではどんなカットが見たいですか? 皆さんの意見を取り入れたいと思って」とツイート。

 24歳の誕生日にあたる来月17日にリリース予定の写真集について意見を求め、ファンからリクエストが殺到した。

「昨年12月に起こったファンによる襲撃事件に端を発し、今年5月にグループから卒業&大手芸能事務所『研音』に移籍することを発表した山口。それ以降、音沙汰がなかったため写真集発表にファンは歓喜し、今回のツイートに関しては久しぶりに自撮りショットを投稿したことで、『元気そうで何より』と安堵の声が寄せられたようですね。先月31日にはランジェリーショットが先行公開されたこともあり、セクシー系のカットを要望する声が集まっているようですが、一連の騒動でメンタル面が気遣われるだけに、以前のような明るい笑顔が見たい、というのがファンの総意なのではないでしょうか」(芸能関係者)

 1日には公式サイト&ファンクラブを開設するなど、再スタートに向けて着々と準備を進める一方、NGT48もまた、3日に開催されたアイドルイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』で活動を再開。ネット上では、「まだ問題解決してないでしょ」「ブラックなメンバーの処分はどうなった?」などと否定的な声が飛び交った。

「山口の居場所を襲撃犯にリークしたメンバーがいたことを運営は認めたものの、結局はお咎めなし。今年1月から休演していた劇場公演も今月中には再開予定とのことで、山口ファンに限らず批判の声が殺到し、『新潟の人はそれでOKなの?』と、怒りの矛先はグループの本拠地・新潟にまで飛び火してしまっているようですね。また、山口の卒業公演のモニター映像を背景に、『せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい』とインスタ投稿したことで研究生に降格した加藤美南が、この日のライブに参加したため、処分はカタチだけなのではないかとの疑惑も生じているようです」(同)

 活動再開はしたものの、地元企業や自治体からの支援が打ち切られ、ファン離れも加速して収益は激減。一方、グループへの批判が高まれば高まるほど、山口への世間の同情は強まり、東京での第2章は幸先の良いものとなっていくに違いない。

山口真帆、写真集のリクエスト募集にファン歓喜 NGT48活動再開には怒りの声ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!