次はどんな神◯◯と呼ばれるだろうか。

 タレントの稲村亜美は29日、自身のInstagramを更新。「2日連続で神宮球場に行ってきました」と高校野球を観戦してきたことを報告した。私生活でも野球愛をアピールする稲村は、「神スイング」でブレイクし一時プロ野球の始球式に引っ張りだこ。しかし、今季はまだ始球式に登場していない。昨年末の左足首骨折の影響もあるだろうが、中学生の野球大会で起こったもみくちゃ騒動が心理的な面で響いていないかが心配される。

 稲村は2015年にトヨタ自動車のCMで見せたスイングが神スイングと話題となり、同年9月のヤクルト対横浜戦で行った始球式を皮切りに、多くの試合で登板。「一打席対決」となった日本ハムを含めて、すでに10球団で始球式を行っている。開幕を控えた今年3月のトークイベントでも「カープさん、ジャイアンツさん、投げさせてほしいなーと思っています」と、残る広島と巨人の主催試合での登板に意欲を見せていた。

 しかし実際のところ、稲村はいまだ今シーズンの出番が無い状況だ。昨年11月に骨折した足首の回復具合も関係しているだろうが、昨年行った始球式も77日の一度だけで、10試合近く登板した2017年から大きく数字を減らしている。この激減ぶりは、やはり昨年3月中学生の野球大会の始球式に登場した稲村が、投球後に出場選手たちに囲まれてしまったもみくちゃ騒動が影響しているように感じてしまう。事務所が稲村の心身のダメージを懸念して、仕事を控えている可能性も考えられる。

 最近では野球だけでなく、ゴルフ番組を持って月に一度はラウンドしたり、自転車の魅力を伝える自転車アンバサダーに就任したりと、マルチなスポーツタレントとして仕事の幅を広げている。野球出身で野球愛の強い稲村の思いとは裏腹に、事務所は稲村の野球離れを考えているのだろうか。

 稲村は4月にもInstagramに自身の投球練習の姿をアップしたり、7月に出席したイベントで「足のケガはすっかり治ってもうダッシュできる」とコメントしたりと、たびたび順調な回復ぶりをアピールしている。稲村の“12球団制覇の夢は叶うのか。今後の動向に注目していきたい。

“神スイング” 稲村亜美、今季始球式いまだゼロ。原因は“もみくちゃ騒動”か?のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!