4月2日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に俳優の斎藤工が登場。芸人顔負けの“濃厚キス”を披露して、「すごすぎて好感度爆上がり!」「もはや人として尊敬するわ」とファンを喜ばせたようだ。

 この日の放送では“おもてなし芸人”のニッチェが、「斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権」をプレゼン。絶叫コント・1人芝居・漫才をコンセプトに3組の“ガヤ芸人”がネタを披露して、斎藤が“必ずどれか1つを完コピする”ことになった。

 まずは、お笑いトリオ・アンダーパーが“ストーカー撃退”をテーマにした絶叫系のネタを披露。しかし動きが意味不明すぎて「イメージが崩れることはさせたくない」というニッチェの判断で保留となる。続く三戸キャップ(THE GREATEST HITS)は“架空の映画予告”を1人で演じ、斎藤から「とっても魅力的」と好反応が。最後に登場した女芸人・熊元プロレス(紅しょうが)は、映画『タイタニック』(1997)の再現に挑み、相手役に指名した那須晃行(なすなかにし)の唇を吸引するように奪ってしまう。

「那須を放心状態にさせたキスネタでしたが、なんと斎藤は“次のステージ”に行くため熊元を指名。スタジオは騒然となり、ニッチェが『大丈夫? 事務所的にも』と慌てる中、斎藤は『いいですよ』と至って落ち着いた表情を浮かべます。いよいよ『タイタニック』の再現が始まると、熊元は斎藤の頭をがっしりロックして唇にぶちゅー。すると斎藤は力強く抱き返して攻めの“濃厚キス”に転じ、大歓声に包まれながら時間をかけて熊元をオトすことに。キスを終えた斎藤が無痛技“システマ”の呼吸法を見せて笑いを取る一方、熊元は『女性ホルモンが爆発しそう』と恍惚の表情を見せていました」(芸能ライター)

 そんな斎藤の姿に、ネット上は「カッコいいし面白いし最高かよ!」「体張りすぎてて斎藤さんの俳優生命が心配になるレベルwww」「熊元プロレスを女の顔にさせた濃厚キス、私もされたい」「芸人相手にも全力投球な斎藤さん、好きという感情しか浮かばない」と大盛り上がり。「“サンシャイン斎藤”以来の衝撃!」との声もあり、かつて斎藤が人気芸人を“完コピ”したキャラクターに再び注目が。

「斎藤は、2016年末放送の『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)でお笑い芸人・サンシャイン池崎を完コピして大反響を呼んでいます。衣装からセリフに至るまで全力で“サンシャイン斎藤”になりきり、イケメン俳優ながら『イエェェェイ!』とハイテンションで絶叫していました」(同)

 一切の妥協を許さない俳優・斎藤工のプロ意識。芸人もうかうかしてはいられない。

斎藤工の“濃厚キス”が「サンシャイン斎藤以来の衝撃!」と話題! 俳優生命が心配になるレベル?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!