今期のドラマで下馬評以上の高視聴率を獲得しているのが、戸田恵梨香とムロツヨシの恋愛ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)だ。

 10月19日に放送された第2話は平均視聴率10.6%を記録し、初回の10.4%からアップ。ドラマが好調な理由をテレビ誌ライターが解説する。

「いわゆる『美女と野獣』系ドラマで、“ビジュアル格差”のほかにも、女医の戸田が貧乏なフリーターのムロという“収入格差”も加わった。純愛ものは美男美女より美女と野獣のほうが、別れたときの悲劇性が高いため、自然と応援にも力が入る。さらに、今作は美女側に若年性アルツハイマーという『難病』設定が設けられたことで、男女どちらの視点で見ても胸を打つ内容となっています」

 トレンディドラマに“美女と野獣”という新たな概念をもたらした先駆けといえば、91年の武田鉄矢と浅野温子による『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)だろう。武田の「僕は死にましぇん、あなたが好きだから!」の名セリフは、撮影を見学していた人も涙させたという。

 そして、「21世紀の武田鉄矢」を継承する男こそ、ムロだろう。ネット上でもドラマを観た視聴者から「ムロツヨシ を見ていたら、シュチュエーションは違うが、『101回目のプロポーズ』を思い出した」との声が連打されている。

「ムロには『大恋愛』に集中してもらいたかったのですが、今期はツッパリドラマ『今日から俺は‼』(日本テレビ系)にも出演しています。そこでは原作にないオリジナルキャラの教師に扮しているのですが、その風貌は武田の代名詞である金八先生そのもの。この演出は、ムロに『21世紀の武田鉄矢』を期待した福田雄一監督からのエールかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 ムロには三枚目界を引っ張っていってもらいたい。

ドラマ『大恋愛』で三枚目の星に! ムロツヨシに期待される21世紀の武田鉄矢のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!