元俳優の成宮寛貴が、インスタグラムに“添い寝”を彷彿とさせる写真を投稿。ファンからは「な、なにこのエロさ……」「隣に行ってもイイですか!」と歓喜の声が巻き起こった。

 成宮が「hiroshige_narimiya」名義で更新しているインスタグラムに、添い寝風画像のポストがあったのは10月9日。ベッドと思われる場所で横になり、無精ひげを生やしてうっすらと目を開けた自撮り写真になっている。

 プロフィールに「成宮寛貴」の名前は出していないものの、インスタグラムのフォロワー数は50万人以上。成宮のプライベートがうかがい知れるとあって、コメント欄に反響を寄せているのは女性ファンが多いようす。10月5日に投稿された動画では、室内の壁際からアイスを食べながら登場。バスローブ姿でスプーンを口に運びつつ、カメラ目線でウィンクをして去っていく内容だった。

「成宮のインスタグラムは、真剣な表情から砕けた表情のもの、海外の美しい風景など様々なカットが投稿されており、好評を博しています。特に成宮の“セクシーさ”が際立つ写真は評判で、2017年10月にはトレーニングジムでの自撮りをポスト。ゆるめのタンクトップからは陰影のはっきりついたガチガチの胸筋が覗き、腕に浮かび上がる血管や筋肉の筋にファンは興奮を抑えきれない様子でした。また8月には、カッターシャツの襟元にサングラスを引っかけ花束を抱えた姿も披露。俳優時代とはひと味違う色香漂う姿が、新たに女性ファンを惹きつけているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 成宮の添い寝風写真にも多くのファンが歓声を上げており、「顔の角度といい何もかもがセクシー!」「最高すぎてドキドキが止まりません」「改めて『大好き!』っていう感情でいっぱい」といった反応が続出。中には「インスタも嬉しいけどテレビで活躍する姿が見たいです……」「日本に帰ってきてほしいなと思う今日このごろ」と芸能界復帰を望む声も上がっている。

「成宮は16年末、『FRIDAY』(講談社)に違法薬物の使用を報じられました。疑惑を否定したものの、直筆で『心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました』と告白。今後プライバシーが晒されることに耐えられそうになく、『芸能界を去るしかない』と表明しています。その後インスタグラムを開設し仕事を受け付けるフォームも用意されているので、もしかすると成宮の芸能界復帰も有り得るかもしれません」(同)

 現在は海外で生活している成宮。もしも拠点を日本に戻すことになれば、それが復帰への合図なのかもしれない。

成宮寛貴のセクシー化が止まらない! 麗しの“添い寝”ショットにファン悶絶のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!