10月6日に放送された『オールスター感謝祭’18』(TBS系)で、俳優・田中圭がアーチェリーに初挑戦。真剣な眼差しで的を射る姿が、「セクシーすぎて泡吹きそう」「その瞳で見つめてほしい」と女性ファンのハートも射抜くことになった。

 田中は映画『スマホを落としただけなのに』の共演者、北川景子・千葉雄大とともに出場。多くのゲスト出演者が見つめる中、極限の緊張感が漂う「プレッシャーアーチェリー」にチームを代表して挑んでいる。

 アーチェリーを手にした田中は、腕や胸にガードをつけてご満悦の様子。競技前にはカメラに向かってピースサインを向けるなど、余裕の表情でおどけて見せた。ところが、いざ的を前にするとその表情が一転。ゆっくりと引いた腕から放たれた1射目は最高得点が記された的の中心からわずかに逸れて突き刺さり、スタジオは大歓声に包まれた。

 続く2射目では、スタジオがしんと静まり返って緊張感もピークに。放った矢は再び中心から逸れたものの、先に刺さった矢のほぼ真下に食い込んだ。最高得点の獲得には至らなかったものの共演者からは「お見事!」の声が飛び交い、初心者とは思えない田中の好記録に盛大な拍手が贈られている。

「ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)への出演など、田中はここ数年で大ブレイクを果たしました。甘いルックスで人気を集めていますが、実は鍛え上げられた肉体美の持ち主。映画『図書館戦争』で共演したV6・岡田准一に刺激され筋トレを始め、今もジムに通うなど肉体強化に余念がありません。おかげでバキバキの胸筋が出来上がり、『おっさんずラブ』やバラエティなどで裸体が映し出されるたびにファンを喜ばせています」(芸能ライター)

 弓を引く田中の姿に、女性ファンは「腕に浮かび上がった筋肉の筋がもはや芸術」「学生時代に好きな男子を見守るような視線で見てしまった」「田中さんの鋭い眼差しに射抜かれない人がこの世にいる?」「初心者なのにドセクシーな構えからあんな好記録打ち出すとかどんだけカッコいい人なの」と大喜び。そんな田中が持つ色気をフィーチャーしていたのが、2018年7月期ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の公式インスタグラムだった。

「ドラマ放送中に更新されていたインスタグラムには、出演者のオフショットが満載です。中でも主人公の上司役を務めた田中は“セクシー枠”の扱いだったようで、『女性をとろけさせる。大人の男2018』と題して俳優・井浦新とともに髪をかき上げる仕草を写した投稿も。田中・井浦・山田裕貴・小園凌央の男性陣4人がバラを手に『ケンカツ色男選手権』が実施されたこともあり、ファンを楽しませていました」(同)

 ほとばしる色気と甘いマスクを武器にする田中。運動神経も抜群とあって、ますますファンを増やしそうだ。

田中圭の弓を構えた姿がドセクシー! アーチェリー初挑戦にして好記録連発で女性ファンも射抜くのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!