元タレントでAV女優でもあった坂口杏里が、6日に更新した自身のインスタグラムで「芸能界に戻りたい」と訴えた。

 坂口は5日、平成ノブシコブシの徳井健太が東京・下北沢で開催したトークライブに急きょ出演。インスタにはそのときの画像が投稿されており、「私はやっぱり芸能活動をちゃんとしてた、自分の中でキラキラしていた頃の自分に戻りたい。って素直に感じました。もう一度、復帰が出来るならしたい。と、強く思いました!」とコメント。強い復帰への思いを告白した。

「坂口は女優の坂口良子の娘としてデビューしたものの、2013年に母親が亡くなってからはトラブル続きです。母親が残した遺産をホストクラブ浸りで使い果たし、カネに困ってANRIの芸名でAV女優に転身しましたが、17年4月には知人ホストを恐喝した疑いで逮捕(後に不起訴)。同年9月に『普通の女の子に戻りたい』という理由から、SNSで芸能界引退を発表しました。現在は高級デリヘルに勤務しています。言い方は悪いですが、2世タレントからAV女優、風俗嬢と凄まじい転落ぶりで、甘やかされて育ったせいか、何をやっても長続きしません。風俗嬢もつらくなって、芸能界が恋しくなったのでしょう。実は、1日に更新されたインスタの投稿にも、その兆候が見て取れるんです」(スポーツ紙記者)

 1日の投稿では、かつての恋人だったバイきんぐの小峠英二について触れて、ユーザーをザワつかせた。坂口は同投稿で、『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)に出演していた小峠のキャプチャー画像をアップ。「いつもならことぅーげがTV出てたらチャンネル変えるけど、これはやばいおもしろかったー」とのコメントが添えられていた。

「ここにきて、敢えて小峠に絡もうとするのは、何か裏があるに違いないと思いましたね。ネット上でも『小峠逃げろ~』『もう小峠さんは放っておいてあげてください』といった書き込みが相次ぎました。今回の芸能界復帰を願う投稿から推測すると、芸能界復帰に小峠を利用しようとしているのでは? 小峠は優しい男だから、元恋人からのSOSに手を差しのべることを、坂口は期待しているのかもしれません」(同)

 昨年のテレビ番組出演本数が427本の15位と、坂口と交際していた頃以上の売れっ子となっており、今やテレビには欠かせない存在となった小峠。今さら坂口と関わりになることは、順風満帆な芸能活動に水を差しかねない。

坂口杏里“芸能界復帰”切望!「キラキラしていた自分に戻りたい」発言もネットからは「小峠逃げて!」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!