8月27日放送の『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが参戦。並み居る強敵を相手に圧倒的な実力を見せつけ、「完全にカズレーザー無双」「やっぱこの人はスゲー!」と話題を呼んでいる。

 今回は“東大生が尊敬する人物ランキング”を、過去と現在で比較しながら問題を出題。東大主席卒業の草野仁や「ミス東大2018」ファイナリスト・齋藤若奈ら、東京大学卒業生&在校生も多数参戦した。

 強敵ひしめく中、同志社大学商学部卒業のカズレーザーは12人中9位からのスタート。「80年前の東大生が尊敬する10位の人物」クイズでは、“その人物の名がついた道や建物がたくさんある”“ワイルドなヘアスタイル”などのヒントで、「ベートーヴェン」と言い当てる。

 またベートーヴェンに影響を受け“作品に描く・バレエで「第九」使用・演技に曲を使用”した人物問題では、それぞれ手塚治虫・熊川哲也・宇野昌磨と正答。続けて「第九」がお祭りのBGMで流れる映像問題では「フランス」と連続正解し、共演者から驚きの声が沸き起こった。

「序盤からエンジン全開のカズレーザーは、その後も安定の強さで正解を連発してトップに。さらに攻めの姿勢でトップをキープし、ついには共演者から『今日は止められない!』『バケモンだありゃ』と呼ばれるほどでした。途中で慶大卒の橋本大二郎にトップを明け渡しましたが、直後に正解して返り咲き。下位による“下剋上チャンス”問題も正答で逃げ切り、最終的に26問中12問正解で“文句なし”の優勝を飾りました」(芸能ライター)

 驚異的な強さを発揮したカズレーザーに、ネット上では「ここまで独壇場を見せられると気持ちいいぐらいだよね」「東大生だらけの中で異次元の強さだったなぁ」「カズさん絶対誰かにヤル気スイッチ押されてるでしょ」「最後までハラハラしたけど、カズレーザーの強さに震えた!」と称賛の声が続出。芸人が東大生を押さえての優勝となったが、カズレーザーには“ライバル”からも賛辞が送られている。

「先日配信されたネット番組『ぶるぺん』(GYAO!)で、『東大王』(TBS系)出演者の伊沢拓司と水上颯がカズレーザーの努力家ぶりを明かしています。“頭が良いと思った芸能人”という質問に対し、2人は揃ってカズレーザー&やくみつると回答。カズレーザーについて伊沢は、『すごい努力量で、携帯の中のメモとかハンパないですよ』『一緒に飲んで朝までクイズ出し続けて、俺の方が足りなくなるみたいな』とエピソードを披露していました」(同)

 好敵手からも称賛されているカズレーザー。知識だけでなく、並外れた努力の結果が現在の実力につながっているようだ。

カズレーザー無双が炸裂! 『Qさま』で東大生相手に見せつけた圧倒的実力のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!