テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

000

 最近、番組で共演している既婚の先輩男性アナウンサーと女性アナの不倫が発覚したわよね?

 週刊誌にスクープされて以来、2人の姿が画面から消えたことで、完全に交際を認めたようなものだけど、この手の話ってこの業界には多いのよ。

 アタシの知っているパターンだと、ディレクターとTK(=タイムキーパー)、プロデューサーと女性放送作家、女性ディレクターと年下ADなんて感じかしら。
 やはり、同じ仕事をしていると、その苦労や達成感を共有することが多いし、長い時間一緒にいると、意外な一面も見えたりするから、“ギャップ萌え”なんてこともある。

 中には、何食わぬ顔をして、しれっと同じ会議に出ているカップルもいる。 大胆というか、鈍感というか…。
  
 本人たちはバレていないと思うのかもしれないけど、女ってそういう勘は鋭いからバレバレなのよね(笑)
 2人で並んで座っている様子を見ていると、こっちの方がドキドキしちゃう。
 少しは気を遣いなさいよ、って言いたくなっちゃうわね。

 テレビ業界って、時間が不規則でしょ?
 だから、奥さんに何とでも嘘がつけるのよ。
 
 家に遅く帰っても先方の都合で打ち合わせが延びたとか、朝帰りしたって編集だったとか色々と言い訳ができる。
 地方ロケに行くとか言っておけば、それこそ不倫旅行だって可能なのよね。
 浮気、不倫には、うってつけの商売だわ。

 ただし、同業の奥さんのいる人はダメ。
 仕事の流れも把握されているし、共通の知り合いも多いから、密告されてしまうこともあるから。

 例の不倫アナカップルは、おそらく仕事の相談かなんかをしているうちに恋愛に発展する、典型的なパターンだったんじゃないかしら。

 彼女、入社2年目っていうから、アナウンス力、人気、担当番組数、色々と自分の実力が身にしみて分かってくる頃だと思う。
 下には、鮮度の高い後輩アナウンサーだって控えているから、プレッシャーだってある。
 そういった悩みを打ち明けるのに、先輩男性アナがちょうどいい相手だったってことね。

【連載42】共演アナウンサーと不倫! テレビ業界でいけない関係になりやすい男女の組み合わせパターンとは?のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャー連載コラムの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!