失敗は成功のもと? 小島よしおの『24時間テレビ』ハプニングとはの画像1

 毎年夏の恒例番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が、8月25日から26日にかけて放送される。長時間生放送番組の醍醐味といえばハプニングだろう。日テレの「24時間テレビ」は感動モード主体のためお笑い系のハプニングは起こりにくいが、それでも語り継がれるものがある。

「2007年の放送ですね。30回目の放送となる特別企画として深夜帯に『熱湯コマーシャル』が復活したのです。これはチャレンジャーが熱湯に入り、その時間だけPRができる企画です。進行を務めたダチョウ倶楽部の上島竜兵が当時ブレイクしていた小島よしおのギャグ『そんなの関係ねぇ』を発し、前出た小島が熱湯風呂に飛び込み暴れたのです。周囲からの『熱湯!』のツッコミに慌てて飛び出るも、実は熱くないとバレてしまいました」(芸能ライター)

 だが話はここで終わらない。この放送ではタッキー&翼がチャリティパーソナリティを務め、ダチョウ倶楽部の「押すなよ」のフリで2人が熱湯に入るシーンが台本通りに進んだ。小島の暴走でジャニーズアイドルが入る熱湯が「ぬるま湯」だとバレてしまったのだ。

「小島は番組をぶち壊しにしてしまい、かなり落ち込んだようですが、芸人仲間からエールが送られました。ダチョウ倶楽部にも放送後に謝罪し、その後共演もしていますので関係性は改善しているようですね。小島は現在は子供向け営業でブレイクを果たしています。もとももと、生真面目でまっすぐなキャラクターであるがゆえに、熱湯ハプニングを起こしてしまったともいえるでしょう」(同)

 仕事で失敗しても消えなかった小島よしおの姿は、ある意味ではもうひとつの「感動ストーリー」ともいえるかもしれない。
(文=相川ナロウ)

小島よしおの『24時間テレビ』ハプニングとは……失敗は成功のもと? のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!