強さの秘密は以外なところにあった?

 テニスの全米オープンで快進撃を続ける大坂なおみに、欅坂46ファンから熱い声援が送られているという。

 第20シードの大坂は、9月1日に行われた女子シングルス3回戦で世界33位のサスノビッチを6-0、6-0で下し、本人も「非常に安定している選手に勝てて幸せ」とコメント。この完全勝利になぜか欅坂46ファンから喜びの声が聞かれたという。

 その理由をアイドル誌ライターが明かす。

「実は、大坂の入場曲に欅坂の最新シングル『アンビバレント』が使われているんです。ファンが集まるネット掲示板では、これを知ったファンから『めっちゃ強いわけだ』『テニス界にも浸透しているなんて凄い』『日本語よく話せない人なのに急に親近感湧いてきた』といった歓迎の声が連打されています」

 大坂といえば、4大大会に次いで高い格付けのマスターズで優勝したこともある一方、メンタルをコントロールできずに格下にあっさり負けるモロさもある。「大坂を指導するサーシャ・バジンコーチは、彼女について『完璧主義で自分に厳しすぎる』と分析。試合中に動揺しないことが課題だとする一方で、『相手も素晴らしい選手で、100%自身の優位というわけではない』という考え方も大事だと話しています。欅坂の『アンビバレント』は、同じ物事に対して相反する感情を同時に抱くことの意で、二律背反の感情をコントロールしようとしている大坂には、まさにこの曲が一番しっくりきたのではないでしょうか」(スポーツライター)

 大坂の躍進に自分たちの曲が一役買っているとしたら、欅坂46メンバーたちもさぞかし嬉しいことだろう。

欅坂46ファンが大歓喜! 大坂なおみの全米オープン快進撃の裏に欅坂アリ、の理由のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!