ネイマール「主演男優賞」

 

 3日早朝に行われたW杯日本対ベルギーは2-3でベルギーが勝利。日本は試合を優位に進めたものの、最終盤で世界3位「赤い悪魔」の強さを見せつけられた。

 しかし、最後の最後まで世界の強豪を追い詰めた日本に世界からは称賛の嵐が吹き荒れる。「今大会ベストゲーム」「ベルギーを上回っていた」「拍手に値する試合」と褒めちぎりの状況だ。

 そして、アディショナルタイムで決勝点を浴び、試合終了後呆然と寝転がる日本選手を労ったベルギー選手にも「気品がある」「美しい光景」と賛辞が。どちらも大活躍を見せた日本の10番香川真司とベルギーの10番エデン・アザールが握手をするシーンは、今大会のハイライトのひとつといえるかもしれない。

 そんな美しい光景が包む中で「ベルギー次もがんばれ」「優勝して」「ブラジルを倒して」と、日本に勝ったベルギーを応援する声も多数。もちろん素直な応援の気持ちもあるのだろうが、「ある選手」に対しての憤りもあるようだ。

 それが、ブラジルの10番ネイマール選手。日本対ベルギー戦の前、同じく決勝トーナメントのブラジル対メキシコにネイマール選手はエースとして出場。1ゴール、2点目にも絡む活躍で2-0で勝利した。

 ただ、ネイマール選手がちょっとぶつかっただけに「オーバーリアクション」で痛がるシーンが頻繁にあり、その後風を切るように走るという「パターン」に対し、視聴者や関係者からは「寒い」「いい加減にしろ」「スターらしくない」と批判のオンパレード状態となっている。

 相対的に、スポーツマンシップ溢れるプレーとねぎらいの姿を見せたベルギーの応援が熱を帯びているようだ。「ネイマールよりいい」「ブラジル倒して」の声が多くなるのも必然か。

 日本時間7日3時にはブラジル対ベルギーの準々決勝が行われる。ネイマール選手の「主演男優賞」っぷりにも注目だ。

W杯ネイマール「主演男優賞」で世界から批判……日本代表「労い」感動光景見せたベルギーに追い風のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!