人気アイドルグループ・欅坂46の“ずーみん”こと今泉佑唯が、12日発売の女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)において、ソロ写真集『誰も知らない私』(同)で注目を集める肉体改造の秘密を明かし、プロ意識の高さに絶賛の声が集まった。

「写真集撮影の約2カ月前からジム・トレーニングを開始したという今泉。減量よりもボディラインを美しくすることを重視したとのことですが、なかなか成果が出ず挫折しそうになったことも何度もあったのだとか。しかし、撮影の2週間前頃から肉体に変化が出始めたようで、結果的に4~5kgの減量、ウェスト-12センチ、体脂肪率-6%まで絞ることに成功し、『トレーナーさんもこの結果にびっくりして、測定する手が止まってた(笑)』と、プロをも驚嘆させたというエピソードを披露しました。同誌では“グラミーBODY”と名付けられた美しいメリハリボディと努力を惜しまない姿勢に対し、ファンから称賛の声が寄せられているようですね」(芸能関係者)

 写真集は今月3日に発売され、初週売り上げ約5.1万部というヒットで努力が報われたカタチの今泉。専属モデルを務める「ar」では今回特別に秘蔵カットが掲載されたが、ベッドの端に前傾姿勢で座る今泉の腹筋ははっきりと割れ、その姿には「『やればできる』の教祖さま」との一文が添えられた。

「今泉は欅坂46のオーディションを受けるにあたり、約9kgのダイエットを成功させたこともあるため、ファンの間ではもともと『努力の子』と認識されていました。しかし、『ar』のレギュラーモデルに抜擢されたのは今年の1月号ですから、今泉のプロ意識の高さを初めて知り、新たにファンになった読者も少なくないかもしれません。今回の特集記事では、『グラミーBODY完全レシピ』と題して、食事メニューや全身の部位別の鍛え方が事細かに紹介されたページもあるのですが、反響次第では今後、エクササイズの教祖としての活躍が広がっていく可能性もあるかもしれませんね」(同)

 写真集の帯表紙には、総合プロデューサー・秋元康からの「今泉佑唯は、最近、自分の部屋の鏡を変えたらしい。新しい自分を探して…。“誰も知らない私”は、見つかったのだろうか?」というコメントが掲載されている。今年8月に欅坂46から卒業することを発表した今泉だが、同作品の準備&撮影期間を通じて、新たな自分を発見したのかもしれない。

欅坂46・今泉佑唯、ソロ写真集撮影のための努力に称賛の声! グループ卒業後はエクササイズの“教祖”に?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!