00001

  大みそかに放送される「第67回NHK紅白歌合戦」に出演する千葉県出身シンガーソングライター・ピコ太郎が、プロデューサーの古坂大魔王とともにスタッフが用意した豹柄のダルマに目を入れて出場決定を祝った。

  ピコ太郎が出演するのは、「紅白」前半戦最後の企画「紅白HALF TIME SHOW」で、YouTubeで再生回数1億回を突破するなど話題となった『PPAP』を歌唱する。

  ピコ太郎は、「目標にしていた『紅白歌合戦』が動画をアップしてから4ヵ月で達成できるとは信じられないピコ。多くの諸先輩方が出てこられた『紅白』の同じ舞台に立てると思うと膝が大爆笑していて隣がうるさいと言っています。出る限りには一生懸命歌って踊ってみなさんを楽しませたいと思いますピコ。テニスのダブルスで言うところの前衛ではなく後衛(光栄)です」と喜びを語った。

  一方、古坂大魔王は「まさかこんなことになるとは近所のおじちゃんも想像していなかったと思います。本人が目標にしていた『紅白』出演が達成できるとは思ってもいなかったのでプロデューサーとしてもうれしいですね。」と喜んだ。

  なお、古坂大魔王とピコ太郎の2ショット写真が公開されるのは今回が初となる。

「紅白」出場のピコ太郎がプロデューサーの古坂大魔王と勝利の握手!のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!