2016年7月にNMB48を卒業、活動を休止していた渡辺美優紀が芸能活動を再開。9月に東京と大阪でライブを開催することを発表した。しかし、彼女の前途は多難だと見る関係者は多い。芸能関係者が語る。

「渡辺はNMB48在籍時に所属の吉本興業と関係が悪化。山田菜々や須藤梨々花のように、他の卒業メンバーは吉本系の事務所に在籍して活動を続けていますが、彼女は吉本を辞めています。吉本とは『退社後2年間は芸能活動を行わない』という取り決めがあったようで、ライブ配信サイトの生放送が直前に中止になったかと思えば、外資系のパチンコ関連会社経営者ルートで広告に出演するなど、“対立”している空気が伝わっていた。渡辺は弁護士を使って『2年縛り』を解除するように迫り、ささらに関係が悪くなったとか。しかし、あれほどまでに揉めたあげく、結局、吉本の社員が立ち上げた事務所に入り“監視下”におかれたわけですから、今回の復帰は相当闇が深いように思います」

 新陳代謝が激しいアイドル業界だけに、“過去の人”となった渡辺に需要があるのかは未知数だ。

「渡辺のファンクラブサイトを運営するのはドレスやカラコンなどを扱う大手の通販業者で、東京ガールズコレクションにも関わるなど芸能界とは近い関係にある。それゆえ、この会社が渡辺をバックアップすることで、吉本との関係性が緩和されたのではないでしょうか。今後はアパレル関係での仕事に活路を見出していく可能性はありそうです」(芸能ライター)

 NMB48時代には小悪魔キャラを売りにしていた渡辺。「写メ会」では、運営の目を盗み、こっそりファンの手を握ったり、胸を押し付けたりといったファンサービスも話題になったものだった。今でもそのガッツがあれば、再びスポットライトを浴びる日が来るるかもしれない!?

“干されドル”元NMB48・渡辺美優紀が活路を見出すのはアパレル業界?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!