以前世間を騒がせた、俳優大沢樹生と女優喜多嶋舞の第一子を巡る、親子関係不一致問題。訴訟は大沢側が最終的には勝訴したが、当然ながらその後も個々人の人生は続くわけだが……。

 この家族の「その後」について「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 詳細は本誌をご覧いただきたいが、現在、大沢の長男は騒動後に飛び立った海外から帰国しているようだが、友人たちを頼って転々と「居候」している状態だという。大沢とも喜多嶋とも、取材時点では会っていないとのことだ。

 すでに喜多嶋は再婚して娘もおり、長男としては自分を捨てた母親に会いたくないというのは当然。大沢に関してはすでに再会した可能性はあるようだが、騒動が騒動だけに心配の声は後を絶たない。

 世間からは「友人のところを転々てどれだけ不憫なんだ」「ひどすぎる話」「喜多嶋はさっさと再婚して最初の子はほったらかしか」と、特に喜多嶋を責める声が多い。また、大沢とすでに再会し、新たな生活をスタートさせているのでは、と期待する声も多いようだ。

 家族の大きすぎる問題の煽りを一気に喰らってしまった長男。喜多嶋の不貞行為の余波はあまりにも大きい。

大沢樹生長男「友人宅転々」報道で喜多嶋舞に再バッシング……「DNA鑑定騒動」後の状況に同情の声多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!