伝説のゲームが、ついに復活……!

 Tozai Gamesとエスカドラは、ニンテンドースイッチ/PC(Steam)向けダウンロードソフト『R-Type Dimensions』(アールタイプ・ディメンジョンズ)を、今冬に発売することを発表。アクティブなゲームユーザー以外からも喝采の超えが上がっている。

 いわゆる「横スクロールシューティングゲーム」ジャンルの代表格の一作。コナミの『グラディウス』とともに二大巨頭として君臨する名作だ。ヘビーなゲーム好きではなくとも「やったことある!」という人は多いのではないだろうか。

 ネット上では「こういう感じで復刻してほしいゲームは他にもあるよね」「マニア向けのゲームだと思ってたのに、ネットは大騒ぎ」「ハマってました」と歓喜の声が殺到。トレンドワードでも上位にきている。

「アーケードに始まり、その後はPC、ゲームボーイ、PlayStation、そしてスマホアプリ、DS、Wiiとさまざな機種に移植されながら人気を博してきた『レガシー』的な作品ですね。

シンプルなゲーム性は今でも古臭くなく、再び没頭させられるユーザーも多いのでは?」(記者)

 ちなみに「ストーリー」としては「憎悪と殺戮が支配する世界、それがバイド帝国である。そこには、我々を恐怖の底へと招く得体の知れない異形生物が生息していた。一刻も早く、我々の手によってそれを打ち砕かねばならない。緊張と対立、今ここに壮絶なる戦いが始まろうとしている─。」知らない人も多いかも?

『R-Type』伝説ゲーム復活にネット大はしゃぎ!意外と知らない「ストーリー」のページです。エンタMEGAは、カルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!