2018年もいつのまにか下半期に突入しているが、今年は例年以上に「再ブレイクタレント」が目立つ。その最たる例がDA PUMPだ。

「3年8カ月ぶりの新曲『U.S.A.』が“ダサかっこいい”と注目を浴び、HKT48・指原莉乃も大絶賛。右手の親指を立てて踊る“いいねダンス”もカラオケなどで大流行中です。5月16日に公開されたミュージックビデオは、すでに再生回数1600万回を突破。すでに紅白も内定済みと言われています」(芸能ライター)

 大盛り上がりとなったサッカーW杯では、小柳ルミ子が各メディアで引っ張りだことなった。

「当初は、素人扱いされていましたが、寝る間も惜しんでサッカーを観ている彼女の知識量には感服でした」(出版関係者)

 お笑い界に目を向ければ、『髭男爵』の山田ルイ53世が、著書『一発屋芸人列伝』が売れ行き好調。一癖ある鋭い視点が評価され、文化人的な仕事も増えそうだ。

「他にも、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)がきっかけで、安田大サーカスのクロちゃんも再ブレイク中です。クロちゃんは“嘘ツイート”と“クズすぎるキャラ”が大ウケ。ツイッターに発言するちょっとした一言ですら大きな話題になり、連日ネットニュースにも取り上げられています」(前出・芸能ライター)

 一方、ジャンルを変えて再ブレイクしたのが俳優の保阪尚希。自身がプロデュースする通販ブランド『保阪流』で年商10億円を売り上げる通販王となっている。

「テレビ離れが進む中、視聴者のメインは40代以上となってきている。そうした層に、若者にウケてる素材を見せても響かない。逆に、一度ブレイクしている人は知名度もあり、絶頂期と転落期のギャップを見せるだけで十分面白いコンテンツになる。彼らはテレビ慣れもしており、制作サイドも安心感があるうえにスポンサー受けもいい」(テレビ関係者)

 では次に再ブレイクしそうなタレントは誰なのか?

「10月期のフジテレビのドラマでは、中山美穂が主演級で出演することが決まっているそうです。かなりのハマリ役という評判ですから、中高年に刺されば注目を浴びそうです」(テレビ関係者)

 テレビ界に新たなスターを作り出す力がなくなっていることもあり、今後もこの流れは続きそうだ。

DA PUMP、小柳ルミ子…2018年は「再ブレイク」ブーム!次は保阪尚希と中山美穂か?のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!