映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』ではラルゴ役に挑戦

 ネット上ではまたぞろ「タイムリープ」説が飛び出しているようだ。

 6月23日に14歳の誕生日を迎えた女優の芦田愛菜が、22日、映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(7月13日公開)の公開アフレコイベントを行った。

 誕生日を祝われると、「今すごく学校が毎日楽しくて、お友達とたわいない話をしているだけでも笑いが絶えなくて、そういうお友達との思い出をたくさん作っていける1年になればと思っています。夏休みはお友達とポケモン映画を観に行きます」と語ったが、この完璧な受け答えには、ゲストの川栄李奈が「本当に14歳なのかなって。20代後半の方の口調でかっこいいな」と絶賛すれば、中川翔子も「文武両道がかっこいい。友達を作る方法とか聞きたいです」と、どちらが年上かわからないほど。

「以前は、子どもなのに性格や仕事ぶりが大人すぎて反感買ったりもしましたが、年齢が上がったことと、偏差値70超えの難関中学に入学したことでしたことで、好意的な意見が増えてきましたね。月に15冊は本を読み、将来の夢は病理医というインテリジェンスに加え、女優としても美人の役、可愛い役、普通の子の役もすべて出来る。何よりこの清潔感素晴らしい」(女性誌記者)

 批判的なコメントの多い掲示板でも、「絶対人生3回目」「芦田プロ」と感嘆の声であふれ、ネット民たちも欠点を探すのが難しいようだ。

 熱愛スキャンダルなど起きる気配もないが、これだけ完璧だと釣り合う男がどれだけいるのか、おせっかいながら心配になってくる。

「彼女は番組で好きな男性のタイプを聞かれ、『一生懸命な人とか、目標が常にある人はカッコいい』と語っています。年齢も『10歳差まではOK』とのこと。実はそんな芦田のことをタイプだと公言しているのが、メジャーリーガーの大谷翔平なんです。今のところは自分の熱愛話をかわそうとネタとして言っているだけかもしれませんが、彼女のような清楚で読書家な女性がタイプというのは間違いないようです。大谷も和風イケメンで、歳もギリギリ10歳差。6年後あたりならありえそうな組み合わせだと思うんですけどね(笑)」(スポーツ紙記者)

 末はどんな大人になるのか、芦田の成長は楽しみでしかない?

芦田愛菜、14歳の誕生日に「好きな男のタイプは10歳差までOK!」発言と“大女優オーラ”の理由のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!