00004

 アイドルグループ「わーすた」が11日、台湾・台北市中心部のライブハウス「台湾Jack’s Studio(杰克音樂)」で初の海外定期ライブ「WASUTA LAND W1」を開催した。

 「わーすた」は国内での定期ライブは5回行っているが、「W1」は「わーすたランド」シリーズの海外版第1回目。
 約80分のワンマンライブで、「わーすたランド」シリーズはゲームのスーパーマリオのワールドステージ風に、1つずつエリアをクリアするといったコンセプトのワンマンライブとなる。

 「わーすた」は、「大家好、我们是 Thw World Standard WASUTA!」と中国語であいさつ。
 メンバーそれぞれの自己紹介では、各担当する勉強中の語学を交えて、三品瑠香は韓国語、松田美里は中国語、廣川奈々聖と、小玉梨々華は英語、坂元葉月はフランス語も披露した。

 登場のOvertureから台湾のファンと日本から来たファンが息ピッタリなコールで迎え入れ、アニメアイドルタイムプリパラのオープニング曲『Justbeyourself』から大盛り上がり。

 中盤ではユニット曲で個性あふれるパフォーマンスとアニソンカヴァーにも挑戦。
 新世紀エヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』と、『めざせポケモンマスター』が初披露された。

 『めざせポケモンマスター』では、松田は「イーブイ」、廣川は「ミズゴロウ」、坂元は「ピチュー」、三品は「チコリータ」、小玉は「ポッチャマ」と曲中にお気に入りのポケモンをポーズを披露した。

 そして、終盤には代表曲の『いぬねこ。青春真っ盛り』、『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』、『ワンダフル・ワールド』で畳み掛けて、アンコールを含む全19曲を披露し、大盛況の中、ステージの幕は下りた。

「わーすた」が初の海外定期ライブを台湾で開催のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!