命懸けの行動で世界を変えた子ども5人…世界大戦からアパルトヘイト!

編集部

アンネ・フランク

命懸けの行動で世界を変えた子ども5人…世界大戦からアパルトヘイト!の画像2

画像は、「Wikipedia」より

 誰もが歴史の教科書などで、一度は“アンネ・フランク”の名前を聞いたことがあるだろう。

 彼女は第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの魔の手から逃れるため家族7人と共にオランダへと亡命。過酷な生活の中で、アンネは日記を心の支えに戦争下の生活の様子を綴り始めた。しかし、1944年には一家の居場所が特定されドイツにあるベルゲン・ベルゼン強制収容所へと連行される。

 その後アンネは、収容所内でチフスに感染し15歳で死亡。

 フランク家唯一の生存者であったアンネの父・オットーは、終戦後の1947年にアンネが記した日記を出版。1950年にはドイツ語訳とフランス語訳が出版され、1952年には英語にも翻訳され今なお世界中で愛読されている。

命懸けの行動で世界を変えた子ども5人…世界大戦からアパルトヘイト!の画像3

画像は、「INDEPENDENT」より

命懸けの行動で世界を変えた子ども5人…世界大戦からアパルトヘイト!のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!