現実は小説よりも奇なり…世にも不思議でちょっとゾッとする事件事象 BEST 55!

山下史郎

ホプキンスビル・ゴブリン

実際にあったグレムリンとの遭遇事件5選が怖すぎる! 一家襲撃、操縦士全員死亡、銃弾を跳ね返し…!の画像5

画像は、「WEEK IN WEIRD」より

 1955年8月、米国ケンタッキー州ホプキンスビルに暮らすある一家が、全身から奇妙な光を放つ謎の生物からの襲撃を受けた。

 一家の報告によると、謎の生物から伸びた長い両腕の先には鋭い爪が見られ、頭部にはコウモリのような鋭い耳が……。また体長約1mほどの体は、特殊な能力によって宙に浮いていたという。一家は銃で応戦したものの、不思議なバリアで守られた謎の生き物は銃弾で傷を負うことすらなかった。

 応援に駆け付けた地元警察も、現場に銃撃戦の痕跡が残っていたことを明かしているが、真相は今だ謎に包まれている。

現実は小説よりも奇なり…世にも不思議でちょっとゾッとする事件事象 BEST 55!のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!