Snow Man「3作連続ミリオン」の快挙でまた近づいた“ポスト嵐”の座! 4thシングル『HELLO HELLO』も話題沸騰で勢い止まらず

斉木順

 ジャニーズの人気グループ「Snow Man」の3rdシングル『Grandeur』がミリオンセールスを達成したと、13日にBillboard JAPAN公式サイトで発表された。これでデビューから3作連続のミリオンとなり、ジャニーズ内における「ポスト嵐」にまた一歩近づいたと話題を呼んでいる。

 同シングルは今年1月20日に発売され、初週に80万枚以上の売上を記録。その後も着々と売上を伸ばし続け、発売から約半年後の今月12日に100万枚を突破した。同グループは、昨年1月に「Snow Man VS SixTONES」名義でリリースしたデビューシングル『D.D./Imitation Rain』、同年10月の2ndシングル『KISSIN’MY LIPS/Stories』も100万枚を達成しており、これで3作連続ミリオンの快挙となった。

 ビルボード・ジャパン社によると、デビューから3作連続でのミリオンセールスを記録したアーティストは、08年の集計開始以降初だという。

 3度目のミリオン達成の興奮も冷めやらぬ中、14日には4thシングル『HELLO HELLO』がリリースされ、勢いが止まらない状況だ。

 これにネット上では「3作連続ミリオンって本当にすごい」「不遇な時代を知っているから余計に嬉しい」「4枚目もミリオンいくって信じてる」「4枚目の発売直前に3作連続ミリオン達成する彼らは本当に持ってる」などと祝福コメントが殺到。

 さらに『Grandeur』発売時に話題になった「#全力で生きると絆になる」「#ひとりじゃないって最強だ」といったハッシュタグがTwitterでトレンド入りするなど、大きな反響が起きている。

 Snow Manといえば、最近は同じジャニーズの人気グループ「King & Prince」と比較されることが多くなり、メディア上で「ポスト嵐」の座を争うライバルとして扱われるようになった。今回の「3作連続ミリオン」の快挙によって、Snow Manは「ポスト嵐」に一歩近づいたといえそうだ。
 
15日に公式YouTubeチャンネルで『HELLO HELLO』の発売を記念した生配信を控え、メンバーのラウールが主演する映画『ハニーレモンソーダ』が公開中で、30日から佐久間大介が日本語吹き替えを務める中米共同制作のアニメ映画『白蛇:縁起』が公開されるなど、話題が尽きないSnow Man。4作連続ミリオンの大記録を目指し、今後も旋風を巻き起こしてくれそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

Snow Man「3作連続ミリオン」の快挙でまた近づいた“ポスト嵐”の座! 4thシングル『HELLO HELLO』も話題沸騰で勢い止まらずのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!