吉岡里帆、新垣結衣らライバルたちの“失速”で「男ウケ最強女王」に

斉木順

 女優の吉岡里帆の人気が急上昇しているようだ。もともと高かった男性支持がライバルたちの“失速”によってさらに彼女に集中し、ひとり勝ち状態になっているという。

 先月、大手結婚相手紹介サービスのオーネットが20~34歳の未婚男女を対象にしたアンケート調査の結果を発表。男性たちが選んだ「恋人にしたい女性著名人」のランキングで、吉岡が1位となった。

 以下、2位に新垣結衣、3位に浜辺美波、4位は深田恭子と有村架純、5位は川口春奈、6位に橋本環奈……といった面々が上位入りしている。

 今まで、こうしたランキングでは新垣が圧倒的な強さを誇っていた。事実、3月に発表されたオリコンの「男性が選ぶ恋人にしたい有名人ランキング」では、5年連続の1位を獲得している。だが、今回は調査期間(5月21日~5月31日)の直前に星野源と結婚することが発表され、それが響いて2位になったと推測されている。

 さらに、他のライバルたちにも異変が。4位の深田は熱愛がささやかれていた不動産会社会長・杉本宏之氏が6月末に出演したイベントで交際を事実上認める発言をし、結婚が近いのではと目されている。5位の川口も格闘家・矢地祐介との交際が順調と伝えられ、こちらも結婚秒読みとの報道が噴出している。

 また、今月発表された「2021年上半期タレントCM起用社数ランキング」では女優の本田翼が初の総合1位を獲得し、新たな「CMクイーン」となった。男性人気の高さがその原動力になったともいわれるが、6月下旬に週刊誌で年下のイケメン研修医との「半同棲愛」が報じられている。

 男性ウケが抜群だった新垣や深田、川口、本田に立て続けにおめでたい話題が報じられたことで、世の男性たちの期待が吉岡に集中しているようだ。

 実際、ネット上では「ガッキーが結婚してばっさーに男がいる今、最後の希望は吉岡里帆ちゃんだけ」「本田翼もえなこも巣立って、もう俺には吉岡里帆しかいない」「もう吉岡里帆しか残ってないからマジで頼むぞ」といった男性たちの声が多く上がっている。

 吉岡は2017年に俳優・佐藤健の自宅マンションを訪れていたと女性誌に報じられたことはあるものの、決定的なツーショットなどはなく、以降は清純派のイメージを守り通している。その信頼感が男性ファンたちの期待の高さに影響している面もありそうだ。

 今後、吉岡を支持する男性たちは猛烈な勢いで増えていくことが予想され、男ウケにおいて他の追随を許さない「絶対女王」となりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

吉岡里帆、新垣結衣らライバルたちの“失速”で「男ウケ最強女王」にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!