平野紫耀、『髭の似合う男』願望は長瀬智也の影響? 藤ヶ谷太輔のイメチェンは賛否両論の声

大西かずや

 King & Princeの平野紫耀が7月7日に発売されたアイドル誌「Duet」(ホーム社)で“遠い未来”について語り、ファンの注目を集めている。

 グループの今後の展望については、「海外でコンサートをするのが夢。パフォーマンス力を磨いて、幅広い方に認めてもらえるグループになっていたい」と語った平野。5月にリリースした両A面シングル『Magic Touch/Beating Hearts』の『Magic Touch』では、世界的トップダンサーであるメルビン・ティムティムが振り付けを担当し、プライベートで英会話の習得に励むなど、目標に向かって着々と邁進しているようだ。

 一方で自身の将来については、「10年後には、ヒゲの似合う男になりたいね。今の自分には想像がつかないから、あこがれる!(笑)」と意外(?)な回答。平野といえば、昨年1月に発売された女性ファッション誌「ViVi」(講談社)で、元TOKIOの長瀬智也のことを“国宝級イケメン”だと絶賛。同年3月に放送された情報番組『バゲット』(日本テレビ系)でも「男としてリスペクトする」と語っていた。長瀬はジャニーズ在籍時から髭を生やしていたため、「ヒゲの似合う男になりたい」という平野の願望は長瀬を意識した可能性もある。

 平野の発言がどれほど本気か定かではないが、ファンが長く親しんできたビジュアルを大きく変化させる際、慎重な姿勢が求められるようだ。6月30日に放送された大型音楽特番『テレ東音楽祭2021』(テレビ東京系)では、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が髭を生やして出演したことで、SNS上で賛否両論が沸き起こってしまった。グループの「セクシー担当」といわれる藤ヶ谷でさえ、すべてのファンには受け入れられなかっただけに、天然な言動でバラエティ番組で活躍し、ビジュアル的には“王子様感”が強い平野なら、反響はさらに大きくなりそうだ。

 とはいえ、女性向けファッション誌「ViVi」(講談社)の名物企画「国宝級イケメンランキング」で19年上半期と下半期に連覇を果たし殿堂入りした平野であれば、どんなイメチェンもさまになり、普段とは異なる新鮮な姿を見たいというファンも多そう。グループ活動も含めて新たな魅力を探り続け、今後も見る者を楽しませてくれそうだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

平野紫耀、『髭の似合う男』願望は長瀬智也の影響? 藤ヶ谷太輔のイメチェンは賛否両論の声のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!