ジャニーズWEST・藤井流星「なにわ男子」にライバル心あらわ!「順番飛ばされた」と後輩グループへの嫉妬隠さず

斉木順

 ジャニーズWESTの藤井流星が1日、レギュラーを務めるゲームバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)に出演。後輩の関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」をライバル視していると明かしたことが話題になっている。

 番組では「ジャニーズ内でライバルを挙げるなら誰?」という質問が飛ぶ場面があり、それに藤井が「ちょっと大人げないんですけど……」と前置きしながら、「なにわ男子ですね」と回答。MCの嵐・相葉雅紀は「グイグイきてるよな! 最近すごい目にするのよ」とうなずき、なにわ男子の勢いを認めていた。

 さらに、藤井は「他局ですけど『熱闘甲子園』、飛ばされてんですよ」と告白。夏の高校野球のダイジェストなどを放送する『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)は、2014年に関ジャニ∞の『オモイダマ』、2018年に嵐の『夏疾風』がテーマソングに起用され、今年はジャニーズから3組目として、なにわ男子の『夢わたし』に決定している。

 関西系ジャニーズの系譜でいえば、関ジャニ∞の次は後輩のジャニーズWESTになるのが順当だが、なにわ男子が選ばれたことで「順番を飛ばされた」と藤井は表現したようだ。

 また、グループで出演した20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でも、藤井以外のメンバーからも「なにわ男子が怖い」という発言が飛び出した。
 
同番組では、ゲストの歌手・細川たかしから「関ジャニ∞を抜いていずれはアタマ」と評価されたのだが、藤井は「気持ちは…」と自信なさげ。MCの東野幸治から「なにわ男子が(アタマに)いきそうやな」とツッコミを入れられると、メンバーの桐山照史は「怖いのよ。『行列』にも(なにわ男子が)先に出ていてビックリした」と本音を明かした。

 さらに「ジャニーズWESTの躍進に目障りなグループ」を問われると、メンバーの重岡大毅が「めっちゃいますよ」と指を折り曲げるジェスチャーをしながら、「そのなかでひとつ……キンプリ(King & Prince)やなぁ!」と激白。

 また、桐山は『有吉ゼミ』(同)や『ザ!鉄腕!DASH!!』(同)に出演したかったのに、新レギュラーに選ばれたのがSixTONESのジェシーや森本慎太郎だったことに不満をこぼした。桐山は趣味がDIYということで、特に『有吉ゼミ』のリフォーム企画でヒロミの“弟子”になったジェシーに対しては「なんでジェシーなん? 俺だったら2つくらいクオリティ高いもの作れるのに!」と嫉妬心を爆発させていた。
 
実際、ジャニーズWESTは関ジャニ∞となにわ男子の間にはさまれて苦戦している印象があり、ファンからも「事務所の推しが弱い」「待遇が悪い」と不満の声が上がることもある。だが、そうした状況を自虐として笑いに変えることで「面白くてファンになった」「WESTが好きになった」といった意見が集まり、新たなファンを増やしている。

 同世代のみならず、後輩にまで嫉妬心をあらわにするジャニーズWESTのメンバーたち。そうしたジャニーズらしからぬ赤裸々トークが、彼らの大きな魅力になっているのかもしれない。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

ジャニーズWEST・藤井流星「なにわ男子」にライバル心あらわ!「順番飛ばされた」と後輩グループへの嫉妬隠さずのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!