山寺宏一「31歳差婚」に元妻から祝福も…前妻周辺から「やっぱりね…最低」と不穏ツイート

斉木順

 今月14日に発表された、声優の「山ちゃん」こと山寺宏一と人気アイドルグループ出身のタレント・岡田ロビン翔子の「31歳差婚」。ネット上で祝福の声があふれたが、山寺の前妻周辺や女性タレントらから不穏なコメントも飛び交っているようだ。
 
山寺への祝福でもっとも話題になったのは、同じ声優の元妻・かないみかのコメント。かないは自身のTwitterで「もうじき還暦!! Wおめでとう~」と、元夫の3度目の結婚と還暦を祝福した。

 かないと山寺は1993年に結婚し、06年に離婚。だが現在も人気アニメ『アンパンマン』で、かないがメロンパンナ役、山寺がジャムおじさん&めいけんチーズ役でレギュラーを務めるなど仕事上の付き合いを続けている。

 山寺は2度の離婚歴があるが、元妻から再婚を祝福されているのは人柄の良さを感じさせる。

 ところが、同じく声優の前妻・田中理恵の周辺からは微妙な反応があった。

 山寺の再婚報道後、田中はSNSで無反応。だが、田中のYouTubeチャンネルで相方を務めている女性が自身のTwitterで「うわ…やっぱりね…最低……」とつぶやき、ファンをざわつかせる事態となったのだ。これに田中が「いいね」をつけたことで、さまざまな憶測を呼んでいる。

 山寺が田中と2度目の結婚をしたのは2012年で、ふたりは2018年に離婚している。一部では、山寺が現在の妻である岡田と2015年にラジオ共演で知り合っていることから、件のツイートと絡めてうがった見方をするファンもいるようだ。

 また、山寺が親子ほど年の離れた元アイドルを射止めたことに「さすが!」といった報道もあったが、これを疑問視する声も。

 故・松田優作さんの長女でタレントの松田ゆう姫は、16日に放送された情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)で「若い女性と結婚できて『さすが』ということの意味がよく分からない」とバッサリ。

 続けて「そういう稚拙な考え方は、もう卒業した方がいいんじゃないでしょうかって感じがしますね」とぶった斬り、山寺の結婚が3度目であることについても「3回も結婚したいもんなんですね。何がいいんですか、結婚の。教えてほしい。そういう願望がないので」と率直な疑問を口にしていた。

 17日にちょうど60歳、還暦の誕生日を迎えた山寺。祝福一色でなくこうした反応があるのも、年齢を重ねてもパワーが衰えないモテ男ならではなのかもしれない。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

山寺宏一「31歳差婚」に元妻から祝福も…前妻周辺から「やっぱりね…最低」と不穏ツイートのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!