きゃりーぱみゅぱみゅ、インスタ写真は加工しすぎ? ファンから“ふっくら化”指摘も「健康的で可愛い」の声

斉木順

 歌手・きゃりーぱみゅぱみゅが、Instagramに掲載した写真の「画像加工」を指摘され、同じ衣装をまとった“実物”の隠し撮りショットと比較されてしまう事態が起きた。

 25日付の「NEWSポストセブン」(小学館)が『きゃりーぱみゅぱみゅ「そんなに画像加工しなくてもカワイイのに」論争』と題した記事を配信し、5月某日に仕事へ向かうきゃりーのプライベート写真を複数掲載。きゃりーはパープルのロングワンピースをまとっており、当日は自身のInstagramでも鏡越しの自撮りショットでこの私服コーデが紹介していた。

 同記事では「実物はややふんわりとした印象」と評され、隠し撮りショットとInstagramの写真を比較すると、ボディラインが大きく違うように見える。特に、Instagramの写真ではウエストが「キュッ」とくびれているが、記事に掲載されたプライベート写真はそういった印象があまりない。

 記事では関係者コメントとして「決してきゃりーさんがぽっちゃりされているというわけではありません」というフォローの言葉が入っているのだが、Instagramの写真について「何らかの加工はしているでしょうね」とズバリ指摘されている。

 実は、きゃりーの「ぽっちゃり」疑惑と「実物とインスタ写真が違う」疑惑は以前からファンの間でウワサになっていた。

 とりわけ、MCを務めるレギュラー番組『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)はワイプ画面でアップになることが多く、放送のたびにネット上の視聴者から「きゃりーちゃん、ちょっとぽっちゃりした?」「顔がパンパンにみえる」「むくんでるのかなって心配になった」といった声が飛び交っている。
 
しかし、だからといって批判的な目を向けられているわけではなく、ファンからは「ふっくらして可愛くなった」「昔より好きかも」「痩せすぎだったころより健康的で好き」「むっちりしてるくらいが一番いい」といった好意的な意見が少なからず寄せられているのだ。

 これならInstagramで加工なしの姿を披露しても大丈夫そうに思えるが、ネット上でたびたび「脚が長すぎる」「顔が小さくなりすぎ」「隣の人の首が伸びてる」と指摘されるなど、SNS写真の「加工疑惑」のウワサは絶えない状態だ。

 現代は誰もがSNSにアップする写真に大なり小なり「加工」をしている時代だが、やはり彼女は「原宿ファッションのカリスマ」と呼ばれた存在であるだけに、どうしても力が入って過度な加工になってしまうのかも。それを「今ドキ女子らしい」とみるか、元が可愛いのにそんなに加工しなくても……とみるか、このあたりの価値観は人によって大きく分かれそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

きゃりーぱみゅぱみゅ、インスタ写真は加工しすぎ? ファンから“ふっくら化”指摘も「健康的で可愛い」の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!