加護亜依、アイドル時代の恋愛をセキララ告白! 大反響の一方で「ルール違反」「現役モー娘。に迷惑」との声も

斉木順

 元モーニング娘。の加護亜依が、20日にYouTubeに投稿された雨上がり決死隊・宮迫博之とのコラボ動画に出演。禁断の「アイドル時代の恋愛」を赤裸々に語る場面があり、その衝撃エピソードが物議を醸している。
 
加護は、宮迫のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に投稿された動画でアイドル時代の秘話を告白。12歳でグループ入りした加護は、すでにその時点で「年上好きのファザコン」だったそうで、モー娘。のプロデューサー・つんく♂の男性マネジャー(当時37歳)に片思いしていたという。
 
ほかにも有名な男性プロデューサーに恋していたそうで、それを聞いた宮迫は「すごい年上好きやったんや」と目を丸くして驚いていた。

 それらの片思いが成就することはなかったが、実際に交際に至ったケースも。宮迫から「アイドル時代の初めての恋愛はいつ?」と質問され、加護は「16~17歳くらいの時」「(相手は)歌手でした」と正直に告白した。

 だが、そのお相手とは上手くいかなかったそうで、加護は「おばあちゃんの家に(相手が)来てくれたんですよ。そしたら、おばあちゃんがその人に『ズボンちょっと貸して』って言って、ダメージデニムを奇麗に縫っちゃった。そのせいで、たぶん失恋した。音信不通になった」と、苦笑しながら失恋の経緯を語った。

 さらに、モー娘。を離れて辻希美とのユニット「W(ダブルユー)」として活動していたころには、宮迫と友達かもしれない有名人と交際していたという。加護が耳打ちで実名を教えると、宮迫は「俳優さんです」と暴露。アイドル時代に、少なくとも「歌手と俳優」の2人と交際していたことが明かされたといえる。

 これにネット上では「加護ちゃんのトークめっちゃ面白い」「アイドル時代の裏話とかタバコ事件の真相とか、昔は聞けなかったことが聞けてよかった」「今でも加護ちゃんはほんと可愛い」などと、称賛コメントが多く寄せられている。

 だが、その一方で「アイドル時代の恋愛を暴露するのはルール違反」「グループ時代に彼氏いたなんて言ったら、現行のモー娘。メンバーに迷惑」「アイドル時代に誰と付き合ってたとか、ファンとしてはそんな話あまり聞きたくない」といった声も。アイドルの恋愛は「タブー」であるだけに、過去の話だとしても拒否反応を示す人は少なくないようだ。

 実は、加護は過去にも「モー娘。時代の15歳の時に人気音楽グループのメンバーと付き合っていた」とテレビ番組で明かしており、人目を避けるために「(彼氏を)段ボールに入れて、知り合いに(加護の)自宅まで運んでもらった」という当時の衝撃エピソードを語っていた。これが前述の「歌手」と同じ人物なのかはわからないが、いずれにしてもアイドル時代に恋人がいたのは間違いないようだ。

 ある意味、元アイドルの「過去の恋愛エピソード」の暴露は定番といえるのだが、加護がママとなった現在も当時と変わらないビジュアルを維持していることも、今回の発言が物議を醸してしまった原因なのかもしれない。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

加護亜依、アイドル時代の恋愛をセキララ告白! 大反響の一方で「ルール違反」「現役モー娘。に迷惑」との声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!