ジャニーズJr.「4人同時卒業」にファン大混乱! “22歳定年制”と関係か

北河花

ジャニーズJr.「4人同時卒業」にファン大混乱! 22歳定年制と関係かの画像1

 ジャニーズ事務所の“古株”として知られるタレントの室龍太(31)、高田翔(27)、寺西拓人(26)、原嘉孝(25)が、ジャニーズJr.を卒業したことがわかった。

 4人はいわゆる“舞台班”と呼ばれるメンバーで、今後もそれぞれが舞台の出演を控えている。室はJr.内ユニット“ふぉ~ゆ~”の越岡裕貴が主演を務める舞台『ッぱち!』(5月13日~)、高田はふぉ~ゆ~主演舞台『SHOW BOY』(7月1日~)、寺西はふぉ~ゆ~・松崎祐介主演舞台『流星セブン~暁の操り人~』(5月21日~)、原は自身が主演を務める舞台『逆転裁判 逆転のパラレルワールド』(5月13日~)に出演予定だ。

 22日までに、ジャニーズJr.の公式サイトで4人の名前が消されたほか、Jr.の映像コンテンツ「ISLAND TV」で配信されていた4人の映像も削除された。代わりに個人ページが開設され、22日から有料モバイルサイト「Johnny’s web」の中で高田と原の連載がスタート。高田は最初の投稿で「念願の連載…ほんとに嬉しいです」と喜びを綴っている。

 ネット上では、「ジャニーズJr.卒業おめでとう~!」「退所しないの確定ってこと? それならうれしすぎる!」と喜びの声が上がる一方で、「卒業って何? 卒業できない22歳オーバーのJr.は退所するの?」「Jr.じゃなくなるってことは、今後、デビューはないってこと?」と混乱するファンも少なくないようだ。

 ジャニーズ事務所は1月、2023年3月31日よりジャニーズJr.の“22歳退所制度”を適応すると発表。「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただく」としている。

 同時に、Jr.内ユニットに所属しているメンバーと「一部の個人」はすでに活動継続について同事務所と合意していることが発表された。ただ、同制度適応時に22歳を超え、かつ無所属にあたるメンバーは現時点で30人以上も在籍するため、不安を募らせるJr.ファンは多い。

 今回の4人の卒業が同制度に関係した動きであるかは定かではないが、ジャニーズ事務所は改革についてもう少しわかりやすくファンに説明してもいいのかもしれない。
(文=北河花)

<ライタープロフィール>
『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』(TBS系)の堂本剛に衝撃を受けて以来のジャニーズウォッチャー。大野智主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の続編放送を夢見ながら執筆中。

ジャニーズJr.「4人同時卒業」にファン大混乱! “22歳定年制”と関係かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!