ダレノガレ明美、イメージ覆す「完璧な食事作法」に視聴者驚愕! 即座に「両親に感謝」で好感度が爆上がり

斉木順

 モデルのダレノガレ明美が、20日に放送されたバラエティ番組『芸能界常識チェック!~トリニクって何の肉!?~』(テレビ朝日系)に出演。食レポにみせかけた抜き打ちの食事作法チェックで大方の予想を覆して「完璧な作法」を披露し、そのギャップに感心する人が続出している。

 同日より『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』からリニューアルした同番組。芸能人たちの「常識力」をチェックするという内容になり、常識問題の基本ともいえる食事作法チェックが実施された。

 食レポとみせかけて焼き魚の正しい食べ方をチェックするという問題で、King&Princeの神宮寺勇太、現役女子高生モデルの“ゆぴぴ”こと平野夢来、ボディビルダーの横川尚隆らが続々と失敗。スタジオでは、ダレノガレも失敗するだろうとの見方が大勢を占めていた。

 ところが、ダレノガレはサンマの中骨に沿って箸で切れ目を入れ、最初に上の身から食べて下の身を左から右に食べ、中骨を外して裏側を食べるという正しい順序で、箸の持ち方も完璧という満点の結果でクリアとなった。

 女優の片瀬那奈や俳優の梅沢富美男も合格だったが、どちらも「箸の持ち方が少しおかしい」と指摘されており、すべて完璧だったのはダレノガレだけだった。

 司会の浜田雅功は「みんなビックリしたで、すごいな」と感心し、スタジオからも驚きの声が。ダレノガレは「両親に感謝です。父親が作法に厳しかったので、料亭とかに連れて行ってもらって教えてもらいました」と笑顔で明かした。

 放送後、ダレノガレは自身のTwitterで「幼い頃、大人になって何処へ行っても恥じないように!っと厳しく教え込んでくださった両親に感謝です!当時は本当に厳しくて泣いていましたが、今は感謝の気持ちでいっぱいです」と綴り、あらためて両親からのマナー教育に感謝している。

 これにネット上の視聴者からは「めっちゃ好感度上がった」「魚の食べ方がキレイな女性ってあこがれる」「正直、見直した」「おバカ系だと思っていてごめんなさい」「すぐに『両親に感謝』って言えるのも育ちがいい証拠」などと絶賛の声が続出している。
 
ダレノガレといえば、かつてバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の抜き打ちテスト企画で最下位になるなどおバカ系の印象が強かった。ハーフ系タレントらしいぶっ飛び発言で世間を騒がせることも多く、それだけに「食事マナーの完璧さ」はギャップが大きかったようで格別の反響となっている。

 ただ、今回の番組ではゲストの久本雅美のフルネームを漢字で書く問題で「久本真茶美(マチャミ)」と珍回答するなど、天然ぶりも相変わらずの様子。それが余計にギャップを際立たせ、好感度の爆上がりにつながっているようだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

ダレノガレ明美、イメージ覆す「完璧な食事作法」に視聴者驚愕! 即座に「両親に感謝」で好感度が爆上がりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!