福山雅治『ガリレオ』新作の制作が確定! 「柴咲コウ復活」から一転の「新ヒロインは新木優子」報道で物議

斉木順

 福山雅治の主演で大ヒットしたドラマ『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)の「完全新作」のロケ風景がキャッチされた。ウワサされていた新作の制作が「確定」となったことにファンが歓喜する一方、女優の新木優子が新ヒロインを務めると報じられたことで物議を醸しているようだ。

 発売中の「女性自身」(光文社)が『福山雅治 8年ぶりの新ガリレオ奮闘撮』と題して写真付きで報じており、4月中旬に福山と新木が横浜市内の繁華街で『ガリレオ』新作の8年ぶりとなる撮影に臨んでいる姿がリポートされている。

 同誌によると、映画版第3弾とスペシャルドラマの撮影を同時に進めており、映画は来年秋に公開予定で同時期にドラマが放送されるという。

 福山が天才物理学者・湯川学を演じる『ガリレオ』シリーズは、東野圭吾の推理小説を原作にしたミステリー。2007年と2013年に放送された連続ドラマ版が高視聴率を記録し、08年の『容疑者Xの献身』、13年の『真夏の方程式』と映画版も大ヒットとなった。

 ドラマ版の第1期は柴咲コウがヒロイン役を務め、第2期では吉高由里子に変更になっていたが、今年2月には新作で「柴咲コウが復帰する」「主題歌も福山と柴咲のユニット『KOH+』が担当する」と一部女性誌で報じられた。柴咲のヒロイン役は評価が高く、2013年には柴咲が主演を務めるスピンオフドラマ『ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ』(同)が制作されたこともあり、ネット上のファンたちは「新作での復活」に歓喜していた。

 ところが、今回の記事に掲載された写真で福山の隣にいるのは柴咲ではなく新木。記事内でも「新作の相棒は新木優子」と断言されている。柴咲は第1期のヒロイン・内海薫として新作に出演するかもしれないが、あくまで湯川教授の相棒となる今回のヒロイン役とは別……という扱いになる可能性が高いようだ。

 これにネット上では「え、ヒロインは柴咲コウさんじゃないのか」「湯川教授と内海刑事のコンビが見たかったな…」「新木優子さんは好きだけど柴咲コウさんに復活してほしかった」「柴咲コウは特別出演くらいの感じなのかな…」といった落胆の声が飛び交っている。
 
その一方で「シーズン1が良すぎて続編のヒロイン役が苦労する」「吉高由里子も新木優子もいい女優さんだけど、柴咲コウのハマリ方が完璧すぎたからね…」「新木優子は期待できると思う。最初に『柴咲コウが復活』って情報が流れたからガッカリされて可哀想」と、新木に同情する意見も多くみられる。

 福山は2015年に女優の吹石一恵と結婚してから、女性人気の低下がささやかれるようになり、実際に映画やドラマであまりヒット作に恵まれなくなった。当たり役である『ガリレオ』の新作は“最終兵器”ともいえるもので、福山にとって絶対にハズレが許されない大事な作品となる。

 はたして、再度のヒロイン変更は吉と出るか凶と出るか……。いずれにしても、来年秋ごろに9年ぶりの「実に面白い」が聞けるのは間違いなさそうで、ファンはそれまで期待をふくらませることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

福山雅治『ガリレオ』新作の制作が確定! 「柴咲コウ復活」から一転の「新ヒロインは新木優子」報道で物議のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!