JKになった元子役・小林星蘭が「陰キャで推せる」と人気! コンプレックス告白に反響

鈴木紬

 元人気子役の小林星蘭が17日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、悩みを打ち明け話題になっている。

 現在、高校1年生の16歳だという小林は、同番組で恒例となりつつある元子役のイメチェン企画に登場。「ここから下(鼻から下)が全然自信なくて、(マスク)つけてたら見えないからありがたかったり……」「歯並びよければいいのにねとか、鼻さえよければいいのにねとか、そういう風に言われることも全然あって、『確かに私もそう思うよ』っていつも思ってる」「もうちょっと顔がキレイなほうが、画面映えするのかな」などと見た目のコンプレックスを告白した。

 また、人生初のヘアカラーリングに挑戦するため、番組が指定した銀座の有名美容室を訪れると、「銀座……銀座かあ。どれくらいかかるんだろう、お金」と不安げな表情を浮かべ、カラーリングの間も「顔が丸いのが全国ネットで流れる……」などとネガティブ発言を連発した。

 さらに、異性については「画面越しでもかっこいい人が見られるなら、それでいい」「近づくのはおこがましい」と語り、友人関係については「友だちと価値観がズレてる」「友だちいなくてもなんとかなるでしょって思ってたら、本当にほぼいないまま進んできちゃって」と発言。懐メロや韓国スターが好きで、ひとりで楽しむことが多いという。

 そんな小林の控えめな人柄に対し、ネット上では「完全なる陰キャになってて……推せる!!素直でかわいい!」「純朴でかわいい! 応援したくなっちゃう」といった声が続出。まだ2回しか投稿されていないInstagramのフォロワー数は、放送後に1.6万人(18日現在)にまで膨れ上がっており、反響の大きさがうかがえる。

 かつて『八日目の蝉』(NHK)や『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)などに出演し、バラエティにも引っ張りだこだった小林だが、最近はスマッシュヒットしたアニメ映画『若おかみは小学生!』(2018年)で主人公を演じたことから、声優としての活動が有名。現在は『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)でナレーションを担当しているほか、今月20日公開の映画『ヒーリングっどプリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』にも参加している。

 『今夜くらべてみました』では、人生初のヘアカラーとカラコンで大変身を遂げ、感激していた小林。子役として活躍し、声優でも評価され、バラエティでもしっかり爪痕を残せる彼女は、今後もさまざまなジャンルに挑戦し、ますますファンを増やしていきそうだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

JKになった元子役・小林星蘭が「陰キャで推せる」と人気! コンプレックス告白に反響のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!