花田優一、『紅白』初出場なるか? YouTubeで低評価上回るも… 歌手活動に自信!

鈴木紬

 今年の『NHK紅白歌合戦』への出場を宣言している靴職人でアーティストの花田優一氏が、16日付「NEWSポストセブン」(小学館)のインタビューでアーティスト活動への自信を覗かせている。

 現在、靴職人としての活動と並行して自ら作詞作曲した楽曲をYouTubeで公開している優一氏。昨年9月にデジタルシングル曲「純青」で歌手デビューを果たし、今年1月に1stアルバム『みなさん どうぞ』をリリースした。

 昨年12月のブログで「来年は絶対に紅白に出る」と宣言していた優一氏だが、今回のインタビューでは自身の楽曲について「どれを聞いてもちゃんとトップチャートに登れるもの、登っていいものができたと思っています。世の中に出してまったく恥ずかしくない出来栄えですし、満足いくものができました」と強い手応えを明かしている。

 実際、先月5日にYouTube上に公開した新曲「ライト(仮)」のコメント欄には、「おおっ、いい曲じゃんwがんばれよ」「大好きな曲がまた増えました」「いい曲ですね。あなたの心の内を垣間見たようにおもいます」と好意的な書き込みが並んでいる。

 また、優一氏のYouTubeチャンネルの動画は軒並み高評価よりも低評価が上回っているが、前出のインタビューで「顔も名前も見せず、面と向かって言う覚悟もない人たちの意見に左右されるつもりはない」と語っており、本人はさほど気にしていないようだ。

 新曲「ライト(仮)」では、「叶わないことばかり それでも諦めることなどできないよ」と歌っている優一氏。最近は瑛人やYOASOBIのようにYouTubeからブレイクを果たし『紅白』に出場にするアーティストも珍しくないが、果たして……。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

花田優一、『紅白』初出場なるか? YouTubeで低評価上回るも… 歌手活動に自信!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!