女優・のん、高級タワマンへお引っ越し報道で「復活」が浮き彫り! 隠れCM女王として躍進&中国でブレイクの可能性

斉木順

 女優・のんが、恩師と慕う女性演出家と高級タワーマンションに引っ越したと報じられた。一時は独立騒動の影響でメディア露出が激減していた彼女だが、いつの間にか「隠れCM女王」と称されるほど広告人気が急騰し、さらには中国で大ブレイクする可能性も浮上するなど復活を遂げているようだ。

 発売中の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が、3月11日にNHKの報道番組に出演したのんが女性演出家とともに帰宅する姿をキャッチ。この女性演出家は、2015年にのん(当時は能年玲奈)が独立騒動を起こした際に注目された人物で、新人時代ののんに発破をかけるために「あなたな女優にならなきゃ生ゴミ!」と言い放ったことから“生ゴミ先生”とも呼ばれている。

 騒動当時は「洗脳疑惑」まで報じられ、その影響でテレビから完全に姿を消していた時期もあったのん。だが、恩師との二人三脚で再浮上。最近になって「時価1億円超、賃貸なら月の家賃40万円以上」という高級タワマンにそろって引っ越し、アジア進出も視野にさらなる飛躍を目指しているようだ。

 再浮上の原動力になっているのがCMや広告の契約の多さ。ゴディバ、ラクスル、ユニクロ、ロート製薬、警視庁など大手との契約が目立ち、記事では「ユニクロなどでは1本1000万円以上は稼いでいる」とされ、年収は1億円以上とも。だが、それでも「能年玲奈」時代に比べるとギャラは割安で、コスパの良さがCM人気につながっているようだ。

 さらに、大ブレイクのきっかけになったNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台である岩手県とのつながりの深さも大きな強み。岩手銀行やJA全農いわて、岩手県産米最高級品種「金色(こんじき)の風」などのCMに出演し、現地でのイベント需要も高い。

 結果、現在は『あまちゃん』でブレイクした当時よりも収入が増えていると推測され、それが「高級タワマンへのお引っ越し」につながったようだ。
 
さらに、ユニクロのCMが中国でも流れたり、台湾やタイで『あまちゃん』が放送されたりした影響で、のんはアジア圏での人気と知名度が上昇。中国でメンソレータムのスキンケア商品やリップクリームの現地広告に起用されたこともあり、特に中華圏でブレイクしそうな気配となっているという。

 独立騒動の影響が尾を引いているのか、いまだに地上波ドラマ復帰は果たせていないが、しがらみの少ないCMや広告での活躍で再浮上を遂げたのん。女優としての完全復活の舞台は日本ではなく、アジアのエンタメの中心・中国になる可能性もありそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

女優・のん、高級タワマンへお引っ越し報道で「復活」が浮き彫り! 隠れCM女王として躍進&中国でブレイクの可能性のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!