指原莉乃「めちゃめちゃ嫌」なファン告白! “プロデュースの鬼才”ぶりに称賛の声も

永尾兼

 タレントの“さっしー”こと指原莉乃が、準レギュラーとして出演するバラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)の3月13日放送回で、「めちゃめちゃ嫌」なファンについて語り、ネット上では納得や反省する声が飛び交うことになった。

 この日、ゲスト出演したヒップホップグループ・KICK THE CAN CREWのMCUは“ミポリン”こと女優の中山美穂のファンであることを告白し、他のファンとの“差別化”のために“ミッポ”と呼んでいることを明かしたのだが、これに対して指原は「まったく同じ理由で私のこと“りーちゃん”て呼んでるファンがいて、めちゃくちゃ嫌です。(呼び方は)みんなと一緒でいい」と指摘。これを受け、MCUは「嫌なんですね」と苦笑し反省する様子を見せていたのであった。

 そんな指原からの苦言はファンの間でも話題となり、「確かに“特別感”を演出されるのは嫌かも」と賛同する意見や、「りーちゃん呼びしてたファンは今頃、ショックを受けてるかもね」「俺も好きなアイドルを独自のニックネームで呼んでいた」など、様々なリアクションを引き出すことになったようだ。

 ファン想いの指原なだけに、「めちゃめちゃ嫌」という発言も“愛あるイジリ”の一種なのだろう。HKT48在籍時に出演したバラエティ番組『あるある晩餐会』(テレビ朝日系)では、アイドル卒業後に芸能界で生き残っていけるか心配する様子を見せていたが、熱狂的なファンに支えられて19年4月の卒業後も順調そのものだ。

 タレント活動のほか、女性アイドルグループ『=LOVE』および姉妹グループ『≠ME』、カラーコンタクト、メイクブランド『Ririmew』などのプロデュース業でも活躍している指原。連載を持つ女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)内では、“プロデュースの鬼才”と称されているが、その真価を発揮し今後もファンを楽しませてくれるに違いない。
(文=永尾兼)

<ライタープロフィール>
AKB48にハマったのをキッカケに、女性アイドルの追っかけ兼ライターとして活動中。現在は坂道グループ(乃木坂46、櫻坂46、日向坂46)の記事を中心に執筆。元乃木坂46の橋本奈々未を永遠推し。

指原莉乃「めちゃめちゃ嫌」なファン告白! “プロデュースの鬼才”ぶりに称賛の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!