柏木由紀「ブサイク、カバ!」などの中傷に… 「うっせー黙れ!」と笑顔で反撃するメンタル強者ぶりが話題

斉木順

 AKB48の“ゆきりん”こと柏木由紀が、自身のYouTube動画に寄せられた誹謗中傷コメントに笑顔でツッコミを入れていく動画を公開。悪意がありそうなコメントまで笑いに変えていく姿に「明るく笑い飛ばせるメンタルがすごい」「ゆきりんの返しが面白すぎ」などと反響が集まっている。

 7日に投稿された今回の動画は、シリーズ化されている『勝手にコメントパトロールします』企画の最新版。まずは「顔がかわいい、めっちゃタイプ、鼻でかいけど」といった比較的ソフトなコメントが紹介され、柏木は「なんでやねん!」「3行目は別に要らないじゃん!」とノリノリでツッコミを入れた。

 続けて「過剰リアクション、ブサイク、カバ!」という過激な中傷コメントを見つけると、柏木は“ブラックゆきりん”を発動させて「うっせー黙れ!」と本音をポロリ。前回の動画でも「うっせー黙れ!」と言っていたことが判明し、柏木は「口癖じゃん。気をつけなきゃ」と少し反省していた。

 さらに、柏木は「ちゃんとおばちゃんになってる!」という失礼なコメントに「たしかに!」と同意する度量の広さを見せ、「10万ぐらいで〇〇せてくれそうな天使」というお下品なコメントにも「天使つければいいってもんじゃないよ」とあきれながらツッコミで対応した。

 だが、そんなメンタル強者の柏木ですら撃沈するようなコメントが。「デビューしたてのころはマジブスやと思ってて、20~25歳ぐらいは可愛いし何ならタイプやったけど、それ以降は茶髪にしたりおばさん化が激しすぎて女として見れなくなった」という内容で、柏木は「下げて上げてもっかい下げる…グサッ、グサッ、グサッ」と大ダメージを受けているようだった。

 それでも、柏木は「安定のおもしろコメント欄だわ」とまったくめげていない様子。その理由は、小学生のころからハロー!プロジェクトが大好きで「ハロプロアイドルの掲示板をチェックしていた」からだという。

 柏木によると、掲示板に書き込まれるアイドルへの批判コメントも読んでいたために「こんなにすごい人たちも(誹謗中傷を)言われるんだから、そりゃ私も言われるよなって」と思い、耐性がついたそうだ。しかし、だからといって誹謗中傷を許しているわけではなく、柏木は面識すらない芸能人への批判について「マジで意味ないからやめたほうがいい」などとしっかり呼びかけている。

 今回の“ブラックゆきりん”全開のコメントパトロール動画はファンにも好評なようで、ネット上では「ゆきりんの返しが面白すぎてこの企画けっこう好き」「うっせー黙れとかちょいちょい口悪くなるの最高」「同業のアイドルの子がこの動画見たら勇気もらえるだろうなあ」といった称賛の声が寄せられている。

 先日、7年5ヵ月ぶりとなるソロシングル『CAN YOU WALK WITH ME??』をリリースし、7月15日の30歳の誕生日に9年ぶりのソロ写真集をリリースすることも決定した柏木。YouTubeでも存在感を発揮しており、グループ最年長の“レジェンドアイドル”として今後も弾けまくってくれそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

柏木由紀「ブサイク、カバ!」などの中傷に… 「うっせー黙れ!」と笑顔で反撃するメンタル強者ぶりが話題のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!