古川優香、初下着姿表紙に「予想を上回る反響」も… メイキング動画は「低評価祭り」の惨事

鈴木紬

 1月いっぱいで解散したYouTuberユニット「さんこいち」の元メンバーでモデルの古川優香が、下着ショップ「AMOSTYLE BY Triumph」のフリーマガジン『AMOSTYLE GIRLS ZINE』の表紙を飾り、下着モデルに初挑戦した。

 表紙では花束でバストを隠した“花ブラ”ショットを披露しているほか、エンタメ系メディアのYouTubeチャンネルではメイキングやインタビュー映像も公開されている。

 3日から全国の店舗で配布されている同フリーマガジンだが、翌日に公式Twitterが「予想を大幅に上回る大反響」があったことを明かし、「お渡しはお1人様1部までとさせていただくことになりました」「転売等はご遠慮ください」と綴っている。実際、フリマアプリ「メルカリ」には同フリーマガジンが大量に出品されており、1冊1,000円前後で取り引きされている状況だ。

 古川がその人気の高さを示す一方で、元日にYouTubeで公開された動画「さんこいち解散します。」を発端とした騒動は、いまだ炎上状態が続いている。元メンバーのほりえりくが今月1日、解散の理由を自身が昨年11月に医者から「うつ病の一歩手前の適応障害」と診断されたことにあると説明し、古川や同じくメンバーであるやっぴへのバッシングをやめてほしいと呼びかけたが、その後も騒動が収まる気配はない。

 その余波は今回の下着モデルの仕事にも影響を及ぼしており、3日にYouTubeチャンネル「JIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュース」で公開されたメイキング動画は「高評価94、低評価2993」(5日現在)という惨事に……。「ORICON」や「MOVIE Collection」のチャンネルでもメイキング動画が公開されているが、同様に“低評価祭り”となっているようだ。

 良くも悪くも注目度の高い古川。ファンからカリスマ的な人気を誇るも、アンチの信頼回復には時間がかかりそうだ……。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

古川優香、初下着姿表紙に「予想を上回る反響」も… メイキング動画は「低評価祭り」の惨事のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!