テレ東『家ついて行って~』で“前田敦子イジリ”!? 「旦那はどう?」直球質問に絶句

鈴木紬

 夫・勝地涼との別居が報じられている女優の前田敦子が、3日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に出演。番組の不可解な演出に対し、視聴者から「あっちゃんの別居問題をイジってる?」との指摘が相次いだ。

 番組終盤、北海道の離島に住むおばあちゃんの近況を紹介するVTRが流れるなか、突然、上部に「前田敦子、美輪さんにガチ相談?」というテロップが出現。VTRが明けると、「前田敦子 今、美輪さんにまさかの相談!?」というテロップに切り替わり、前田が共演者の美輪明宏に「相談させていただいてもいいですか? (ピー音)が大騒動を起こしてしまうとどうなってしまう……?」と質問する場面が放送された。

 続けて、美輪が「旦那はどう?」と問いかけるシーンが流れ、前田が「だん……」と絶句すると、すぐにCMへ……。

 CMが明けると、前田が美輪に「名脇役の俳優たちが、大騒動を起こしてしまうと、どうなってしまうのでしょうか……。ちょっと意味わからないですね」と笑い、3月5日放送回に出演するドラマ『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(同)の番宣のためのセリフだったことが判明した。

 その後、再び美輪が「旦那はどう?」と聞くシーンが流れ、前田が絶句。この際、テロップの「旦那」の上には「(大木)」のルビが添えられており、名目上はMCのビビる大木に感想を聞いたカタチで番組は終了した。

 美輪はそれまで大木のことを「大木さん」と呼んでおり、「旦那」とは呼んでいなかった。このほかにも違和感のある演出が目立ったため、多くの視聴者が「前田の別居騒動をギリギリのところでイジッた」と受け取り、ネット上では「テレ東らしい悪ふざけW」「あっちゃん、旦那イジリOKなの!?」といった声が上がっている。

 昨年8月放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、芸能ジャーナリストの松本佳子氏が「女優Mと俳優Kの夫婦は離婚間近。別居報道もあったふたりの関係修復は難しそう」とのコメントを寄せた際、カンニング竹山が「確かにこの間、別番組に行ったときにスタッフが来て、『結婚の話はしないでください』って言ってきた。多分、なんかあったんでしょうね」と暴露。竹山と前田が7月21日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で共演していたことから、このときスタッフから出演者に「前田に夫婦の話題を振らないように」とのお達しがあったのではないかとウワサされた。

 前田は昨年いっぱいで古巣の大手事務所・太田プロダクションを離れ、今年から個人事務所で活動している。そのせいでスキャンダル絡みのイジリに対し、ガードが緩くなっている可能性もありそうだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

テレ東『家ついて行って~』で“前田敦子イジリ”!? 「旦那はどう?」直球質問に絶句のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!