「元・成宮寛貴」平宮博重氏、引退後初めて「俳優復帰」説にコメント… ファン待望の『相棒』再出演は実現するか

斉木順

 2016年まで「成宮寛貴」として活動していた元俳優の平宮博重(なりみや・ひろしげ)氏の近況が、今月に入って複数のメディアで報じられている。インタビューで「俳優復帰の可能性」に触れている場面もあり、多くのファンが期待する「あのドラマ」への再出演にも注目が集まっているようだ。

 引退後はヨーロッパでデザイナーとして活動している平宮氏だが、今年1月15日に自身のInstagramで日本に帰国したことを報告。先月中旬には、東京・原宿で自身がディレクションするブランド「HN Product」のポップアップストアを出店した。

 コロナ禍での開催ということで入場者を制限するなどの対策が必要となったが、それでも多くのファンが訪れて盛況となったという。

 今月2日付の「東スポWeb」がそんな平宮氏を直撃し、芸能界引退後初となる独占インタビューを掲載。平宮氏は冗談めかしつつ「本当にいろいろなことを乗り越えた自分がいるので、今ならいい俳優になれると思う」と語ったものの、俳優復帰については「今は全く考えていません」と否定した。だが、あえて「今は」という言葉を使ったことで、将来的な復帰の可能性には含みを持たせているようにも感じられる。

 一方、1日付の「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)は『成宮寛貴が日本に帰国していた!警官も出動した“三密パーティー”を目撃撮』と題し、若干批判的なニュアンスで平宮氏のポップアップストアの打ち上げの様子を報じている。

 同記事では、平宮氏がストアを訪れたファンに「神対応」をしていたと伝えている反面、狭い店内で10人ほどが打ち上げをしていたことに関しては「疑問を呈する声も」と問題視。これに平宮氏はTwitterで「ガセネタです」と反論している。また、発売中の雑誌「週刊女性」(同)では『成宮寛貴・初めて語った「芸能界復帰」と幻の「相棒」出演計画』との見出しで、テレビ局が人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)への平宮氏の復活を画策していることなども報道している。

 芸能界を引退した直後、出演作が「封印」される恐れがあると騒がれたが、その後も3代目相棒の「カイト」こと甲斐享を演じた『相棒』や、本格ブレイク前に出演した学園ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の再放送などで「俳優・成宮寛貴」の姿を見ることができた。そのたびに「復帰待望論」が持ち上がり、特に衝撃的な退場劇となった『相棒』への再出演はファンの期待が大きい。

 だが、本人が明確に否定していることからもわかるように当面は「俳優復帰はない」というのが現実のようだ。しかし、今回のポップアップストアでファンと直接触れ合ったことで復帰を願う人々の熱意を感じた可能性もあり、今後もその動向から目が離せなさそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

「元・成宮寛貴」平宮博重氏、引退後初めて「俳優復帰」説にコメント… ファン待望の『相棒』再出演は実現するかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!