長瀬智也&桐谷健太の“兄弟げんか”に絶賛の声も… 田中みな実の登場には賛否? 『俺の家の話』第5話への声

佐久間泰造

 TOKIO・長瀬智也が主演を務める連続ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の第5話が2月19日に放送され、平均視聴率9.7%は(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.5ポイントアップとなった。

 家族に内緒で覆面プロレスラー・スーパー世阿弥マシンとして活動しつつ、能楽の人間国宝である父・観山寿三郎(西田敏行)の介護と観山流宗家の跡取り修行に奮闘する主人公・寿一(長瀬)の姿を描いた同ドラマ。

 前回は、寿一と幼なじみで観山流宗家の“芸養子”の寿限無(桐谷健太)が、実は寿一の腹違いの弟であることが発覚し、その事実を聞かされた寿限無は「承知しました」のひと言で受け入れたハズだったのだが……

 すべてを犠牲にして観山流宗家の存続のために生きてきた寿限無は、裏切られた思いを抱き激怒。40歳にして反抗期を迎えてしまうのだが、それを見かねた寿一は寿限無をプロレスのリングに無理やり上げ、「俺は一切、手を出さねえ。好きなだけ殴れ」と“人間サンドバッグ”状態になり、憂さ晴らしをさせてやることに。

 寿限無は寿一を思い切り殴り、養子として肩身の狭い生き方を求められた恨み辛みをぶつけたのだが、その光景に視聴者からは「寿限無の立場になると泣けてくる」「寿一の度量のデカさもハンパない」などと、この“兄弟げんか”シーンに絶賛の声が集まった。

 そして、その後も何となく距離感ができてしまうふたりだが、寿一の提案で家族旅行へ行くことになり、気まずそうに「(車の)どこに乗ればいいの?」と訊く寿限無に対して寿一は「俺の隣だよ」と答え、うれしそうにニヤリ。この和解シーンも「サラッとしてて最高!」「男の友情に余計な言葉はいらないよね」などと好評価を得ている。

 そうして旅行先のスパリゾートハワイアンズへ向けて出発した観山家だが、その道中、寿三郎が千葉県の柏市で車を停めるよう言いだし、寿一にだけ「ついてこい」と命令。ふたりで向かったその先には、10年前に寿三郎と男女の関係にあったという望月ちはる(田中みな実)が住んでおり、寿三郎にハイテンションでハグしたところで今回は終了となったが、田中の登場には「作品の世界観に合ってない気がする」「面白そうなキャラ」などと、ネット上では賛否両論の声が飛び交っているようだ。

 その田中が演じるちはるを含め、今後も次々と寿三郎の元カノが登場し、波乱を巻き起こしてく様子。観山家の他の面々もそれぞれに問題を抱えるが、寿一はすべてを解決し、家族の絆を取り戻すことができるのか、次週からの展開が楽しみだ。
(文=佐久間泰造)

<プロフィール>
高校卒業後、劇作家を目指し上京。舞台、映画、ドラマのレビューを中心にエンタメ系ライターとして活動中。メタボがちょっぴり気になる30代独身男。

長瀬智也&桐谷健太の“兄弟げんか”に絶賛の声も… 田中みな実の登場には賛否? 『俺の家の話』第5話への声のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!