長瀬智也・主演ドラマ、“木村拓哉イジリ”からまさかの展開… 戸田恵梨香“かわいさの破壊力”がアップ?

大西かずや

 TOKIO・長瀬智也が主演を務める連続ドラマ『俺の家の話』(TBS系)が2月19日に放送され、前回の“キムタクイジリ”からまさかの展開となり、視聴者を湧かせることになった。

 家族に内緒で覆面プロレスラー・スーパー世阿弥マシンとして活動しつつ、能楽の人間国宝である父・観山寿三郎(西田敏行)の介護と跡取り修行に奮闘する主人公・寿一(長瀬)の姿を描いた同ドラマ。

 その寿三郎は現在、死ぬまでにやりたいことを叶える“終活プラン”を実行中。そのひとつとして前回、婚約者で介護ヘルパーの志田さくら(戸田恵梨香)を伴い、平均視聴率 32.3%(関東地区・ビデオリサーチ社)を記録した木村拓哉主演の大ヒットドラマ『ビューティフルライフ』(同)のロケ地巡りをしたのだが……

 その道中、さくらがアクシデントで転倒し気絶してしまい、そこへ寿三郎のGPSを追っていた寿一が駆けつけるも、スーパー世阿弥マシンの覆面を被ったままだったため、正体がバレないようにとさくらのお腹の部分を左肩に乗せたスタイルで担ぐことに。

 ドラマ内では“山賊だっこ”と名付けられたこの雑な扱いもさくらにはヒーローに思えたようで、さらにはスーパー世阿弥マシンの正体が寿一だと気づいてしまい、今回、プロレスのジムを訪れて寿一にド直球で「好き」と告白。こうした波乱な展開を受け、視聴者からは「キムタクのイジリはただのお遊びシーンかと思ってた」「まさか、こんな重大な流れを生むキッカケになるとは」などといった声が上がるなど、お茶の間を驚かせ楽しませることになった。

 また、戸田が純粋な表情で「好き」と発する姿には「かわいすぎる!」と絶賛の声も。2月12日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)では、昨年12月に俳優の松坂桃李と結婚したことで『人妻になってますます磨きがかかった「色気と存在感」』とのタイトルで、“ビューティフルライフごっこ”の撮影シーンの様子が紹介されたが、今回の告白シーンによってネット上では「色気よりもむしろ、かわいさの破壊力がアップした」「松坂への嫉妬心も強まった」などと評する声も上がっている。

 そんな戸田が演じるさくらのアプローチに寿一が戸惑う一方、寿一の弟・踊介(永山絢斗)がさくらに恋してしまうなど、ややこしい状況になりつつある同ドラマ。

 『ビューティフルライフ』以外にも、長瀬の過去の主演作『池袋ウエストゲートパーク』(通称、IWGP)やTBS系列の名作ドラマのオマージュが細かくちりばめられており、本筋を含めてこの先も見逃せない展開となりそうだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

長瀬智也・主演ドラマ、“木村拓哉イジリ”からまさかの展開… 戸田恵梨香“かわいさの破壊力”がアップ?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!