大野智、休業中のメンタルが心配!? 「創作意欲が沸かない」報道に労わりの声

藤川響子

 芸能活動を休止中の嵐・大野智が「絵が描けない」などと話していると一部で報じられ、ファンの間で心配の声が上がっている。

 発売中の「女性自身」2021年3月9日号(光文社)によると、現在は緊急事態宣言中ということで、趣味の釣りにも行かず、自宅でキャンプ動画を観るといった“おこもり生活”をしているという大野。2017年に離島の土地を購入したとされるが、ここに別荘やアトリエを作る計画もコロナ禍で準備が進まないなど頓挫しており、こうした状況から大野はモチベーションが沸かず、親しい人に「絵が描けない」と明かしているのだとか。

 これにネット上では、「今はゆっくり好きなように過ごしてね」「焦ることないと思う」と大野を労わる声が多く上がっている。

 大野といえば、今月20日放送の『1億3000万人SHOWチャンネル』(日本テレビ系)で、司会を務める櫻井翔が嵐メンバーによるグループLINEの存在を明かし、松本潤のNHK大河ドラマ主演決定の報に大野や二宮和也が「見るでござる」と反応していたとコメント。嵐のメンバーが直接大野の近況を伝えたことに「大野くんだけ消息がまったくわからなくて不安だったけど安心しました」などファンを喜ばせたばかりだ。

 今年1月には、仲のよい後輩である俳優・林翔太が『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)に出演した際、自身の主演舞台の話を大野に伝えると「よし、じゃあ観に行く。俺、今年、ヒマだから」と言われたと明かしており、芸能活動休止期間をのんびり過ごしていることは間違いなさそうだ。

 「女性自身」の記事では、これまでは嵐の活動が刺激となって創作活動に向かっていた面があり、嵐が活動休止となったことで一種の“燃え尽き状態”になっているのではとも指摘。大野が「仕事だけやってると、ダメで。だから描きたくなるんですよね」と話していたという過去のインタビュー記事も引用されており、これに「創作意欲ってある程度抑圧とかストレスがないと湧かないよね」「案外、けっこう早めに嵐再始動なんてことになったりして」と、芸能活動の早期再開に期待する声も出ているようだ。

 もっとも、嵐のメンバーや後輩らの活躍こそ、大野にいい刺激を与え、インスピレーションの源となる可能性も。いずれにせよ、芸能活動を休止して2カ月ほどながら大野の近況が話題の的となるのは、それだけ嵐の人気が不動であるということなのだろう。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

大野智、休業中のメンタルが心配!? 「創作意欲が沸かない」報道に労わりの声のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!