表舞台から消えた大野智、櫻井翔が明かした「生存確認」報告にファン歓喜

斉木順

 嵐の櫻井翔が司会を務めるバラエティ番組『1億3000万人SHOWチャンネル』(日本テレビ系)で20日、芸能活動を休止している大野智の直近の“近況”が明かされ、ファンから歓喜の声が続出する事態となっている。

 同回では、同じ嵐のメンバーである相葉雅紀がゲスト出演。進行役の羽鳥慎一アナが「嵐の話が聞きたい。最近どうなっているのかとか」と視聴者の思いを代弁する形でリクエストし、メンバー同士の交流の話題となった。

 メンバー同士で「最近会ってるの?」という質問に対し、櫻井と相葉は「会ってる」と回答。1月に相葉が体調不良で一時休養となった時、櫻井が差し入れを持って自宅マンションまでお見舞いに行ったというエピソードが明かされた。

 さらに、松本潤が主演を務める2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』について、櫻井は「公式発表の直前にマネジャーから知らされた」と告白。マネジャーが「今日は皆さんに大きなニュースがあります」と速報のような書き出しで知らせてきたそうで、櫻井によると「大野さんとかニノ(二宮和也)とかね。『見るでござる』『見るでござる』って書いてあったり」といったメンバーからの反応があったという。

 櫻井は、嵐のメンバーで構成されたグループLINEの存在を明かしたことがあり、そこで交わされた会話である可能性が高そうだ。

 これにネット上の大野ファンは大歓喜。「今年に入って初めて大野くんの生存確認ができて嬉しい…」「大野くんが元気にしてるとわかっただけで涙」「嵐のグループLINEが今も稼働していて大野くんも参加してるんだ」「大野くんだけ消息がまったくわからなくて不安だったけど安心しました」といったコメントが大量に飛び交っている。

 昨年いっぱいで嵐がグループ活動を休止して以来、大野は表舞台から完全に姿を消している。嵐のファンクラブ会員向けのバースデーカードから大野の写真がなくなり、先日はジャニーズ事務所の所属タレント総勢95人が医療従事者に感謝を伝えるリレー形式のメッセージ動画を公開したが、大野はそれにも“不参加”だった。

 後輩の俳優・林翔太が1月に出演した『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)で、自身の主演舞台があることを大野に伝えた際に「よし、じゃあ見に行く。俺、今年、暇だから」と言われたと明かしたことはあった。だが、嵐のメンバーから大野の“近況”が直接語られることはなかったため、今回のトークは格別の反響となったようだ。

 一部では「このまま引退するのでは」と危惧する声も上がっているが、現在も変わらずに嵐のグループLINEに参加してメンバーと交流しているという事実はファンにとって大きな安心材料になりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

表舞台から消えた大野智、櫻井翔が明かした「生存確認」報告にファン歓喜のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!