元Hey! Say! JUMP・森本龍太郎、今度は男性グループをプロデュース! “電撃復帰”の可能性は?

宇原翼

 Hey! Say! JUMPの元メンバーで、2014年にジャニーズ事務所を退所した森本龍太郎。弟・森本慎太郎は現在SixTONESとして活躍中だが、兄は男性ダンスボーカルグループのプロデュースに動いているようだ。

 龍太郎は、07年に小学生ながらHey! Say! JUMPのメンバーとしてデビューしたものの、11年6月に「週刊女性」(主婦と生活社)で喫煙写真が掲載されたことで無期限の活動休止処分となり、14年、高校卒業を機に退所。語学留学を経て、16年に5人組ダンスボーカルユニット「ZERO」を結成し、メインボーカル兼プロデューサーとして活動を再開したが、2020年1月13日のライブをもってグループは解散し、同時に「新たな夢へ挑戦したい」という龍太郎は「芸能活動からの完全引退」を宣言した。

 その後もYouTubeを中心に発信を続けており、ダンス動画を公開したり、ダイエットレクチャー企画やアパレル販売なども行っていた龍太郎だったが、今年2月11日に行ったYouTube配信の中で「ダンスボーカルグループを作ります。メンズのグループ」と発表。龍太郎はプロデューサーとしてグループに関わるという。まだグループ名は決まっていないものの、「楽曲制作のほうも取りかかってて、振り付けの制作も入ってます」「めちゃめちゃ曲かっこいい」とすでに本格的に動いているプロジェクトであることを明かし、メンバーを公募するため、情報の拡散を視聴者にお願いしていた。

 15日からは実際にこのオーディションがスタート。3月31日を期限として、18~23歳の男性を募集している。ネット上では、ファンから「​龍太郎くんが! すごすぎる!」「龍太郎がプロデュース!?」と驚きの声が上がっているほか、「彼氏応募させたい」「甥っ子いれようかしら」と盛り上がる人たちも。ダンス、ボーカル共に経験不問とのことだが、元ジャニーズJr.などの“経験者”の参加も期待されているようだ。

 一方で、Twitterのフォロワー数はおよそ11万と、“引退”後の今も人気を誇っている龍太郎にアーティストとして復帰してほしいと願う声も根強い。11日の配信では、龍太郎も新グループに加わるのか?との視聴者からの質問に「私、メンバーには入れないです。もう歳なので。25歳なので」と否定しながらも、「ただ、やるにあたって、フィーチャリングかなんかで入れればいいかなーって」と、限定的な参加の可能性も匂わせていたが、はたして……。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

元Hey! Say! JUMP・森本龍太郎、今度は男性グループをプロデュース! “電撃復帰”の可能性は?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!